にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

≪保育士試験対策無料≫子どもの保健一問一答10問題ノック基本編⚾第1弾! WHOや神経伝達機能など。

今日は子どもの保健から一気に10問出題します。

いつものように、問題が出たら、⬇にスクロールすることで答えが出るので、ゆっくりスクロールしてください。

今日は基本編なので、簡単です。✳

 

f:id:uuuta1122:20181029152740p:plain

 

 

①WHOの日本語の名称を述べよ。

 

 

 

 

 

 

国連の機関の1つです。

 

 

 

 

 

 

 

回答 ⬇

 

世界保健機関

WORLD  HEALTH ORGANIZATION

 

解説

1948年に、国連の中にできた機関

 

②乳児の死亡率の第一位を述べよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳児の死亡率については、日本は2015年が1.9と世界的に見て、低い水準にあります。

 

 

 

 

 

 

回答 ↓ 

先天奇形・変形および染色体異常 

 

2位が、

周産期に特異的な呼吸障害及び心血管障害

 

3位が、

乳幼児突然死症候群 (SIDS シズ)

 

4位が、

出血性障害

 

③スキャモンの器官別発育曲線で思春期に増大する器官は?

 

 

 

 

 

 

こどもの成長には、緩急があります。

 

幼児期に、発達する器官もあれば、

成人前に発達する器官もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

回答 ↓

リンパ系型(胸腺・リンパ節等)

 

幼児期に発達する器官は、神経系型

 

成人前に発達する器官は、生殖器型です

 

ちなみに、リンパ系型は、思春期をすぎれば発育がゆっくりになります。

 

④新生児が生後3~4日くらいに体重が減ることをなんという?

 

 

 

 

 

新生児が、異常ではない体重減少が起きます。

 

 

 

 

 

 

回答 ↓

生理的体重減少

 

ミルクによって、生後7~10日でだいたい元の体重に戻るようです。

 

≪スポンサー広告≫

 

 

⑤乳歯は何歳で、どこから生え始める?

 

 

 

 

 

 

 

何歳というか、何か月ですね。

 

 

 

 

 

 

回答 ↓ 

生後6~7か月ごろに、前歯から生える

 

そして、3歳ごろに20本すべてが生えるようになります。

 

よだんですが、永久歯については、最近は生えないことも多いです。

 

 

⑥大泉門が閉じる時期を述べよ

 

 

 

 

大泉門と小泉門があります。

額側が、大泉門 

後ろ側が、小泉門です。

 

 

 

 

 

 

回答 ↓ 

大泉門は1歳半ごろまでに閉じる

 

大泉門は、生後10か月ごろまでは、サイズが大きくなっています。

そして、ゆっくり小さくなり、

1歳半ごろまでに閉じます。

 

小泉門は、生後3か月ごろまでに閉じます。

違いに気を付けましょう。

 

⑦乳児期の胃の形を述べよ 

 

 

 

 

乳児期は、胃の形が途中なのです。

 

 

 

 

 

 

回答 ↓ 

縦長の筒状

これは、食道と胃のつながりの部分である、噴門部フンモンブの閉鎖機能が未発達だからです。

 

なので、生後3~4か月までは、ミルクを飲んだあとで、ゲップをさせてあげます。

 

⑧神経細胞の数は出生後に増えるか?

 

 

 

 

 

 

神経細胞のことをニューロンと言います。

 

 

 

 

 

 

 

回答 ↓ 

出生後は増えない

 

出生後はふえませんが 

髄鞘化によって、神経の活動が活発化します。

 

⑨消毒用アルコールは、ノロウイルスに有効か?

 

 

 

 

 

消毒用アルコールは、多くのウイルスに有効です。

 

 

 

 

 

 

回答 ↓ 

ノロウイルスには、有効とは言えない。

 

消毒用アルコール、ウイルスには効きますが、ノロウイルスは、アルコール抗体が強いです。

ですので、十分な効果が得られるとは言えません。

 

しかしながら、全く効果がないと言うことは早計である。との薬品販売業者の意見もあるようです。

   

⑩学校感染症第二種の急性感染症を9個述べよ。

 

 

 

 

 

学校保健安全法施行規則によって、学校感染症と指定され、

集団感染を未然防止するために、予防に努めるべき、とされています。

 

 

 

 

 

≪スポンサー広告≫

 

 

 

 

回答 ↓ 

インフルエンザ

百日咳

麻疹 

流行性耳下線炎

風疹 

水痘 

咽頭結膜熱 

結核

髄膜炎菌性髄膜炎 

おわりに

今回は、こどもの保健から10問出題しました。

 

また、問題を作って、ここで公開しようと思っています。

 

 

 

www.fullhoikutoninkatu.com

www.fullhoikutoninkatu.com

www.fullhoikutoninkatu.com

 

 

 

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。