OHSS入院1日目の流れ体験談ブログ。絶食で血栓予防の24時間点滴を投与

人工授精のOHSSで大学病院に3泊4日入院した体験談ブログです。

今回は入院初日の出来事について体験談をブログにまとめました。

f:id:uuuta1122:20181222094756j:plain

OHSSの初期症状と無自覚なお腹の腫れ

OHSSは私は人工授精7日目の急激な腹痛で発覚しました。

人工授精も、右に2この卵胞があるだけだったので、
OHSSなんて全く考えてもいませんでした。


お腹の腫れや、痛みも、人工授精7日目まで感じてませんでした。

なので、私の場合は本当に自覚症状がなかったです。

OHSSの激しい腹痛で救急車で運ばれたことと、

大学病院で卵巣捻転疑いが分かり、開腹手術の危機に瀕していた入院1日目はこの記事にまとめました。

www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com


今回の記事は、1日目の流れについてまとめます。

OHSS入院1日目救急車で着いて、造影CTをしたら即入院!

OHSS入院1日目、朝の5時に地元の市立総合病院でのCTで卵巣出血が分かるも、産婦人科医がいなくて卵巣出血も見れないので、

そこそこ大きな、私のかかりつけの不妊治療クリニックに受診してください。と先生から頼まれました

県外なので、車で1時間です(´°_°`)

まじかよ?!と思いつつも、大学病院の先生が主治医なので、信頼できるのはそっちだな。と思って転院です。

しかし、かかりつけの不妊治療クリニックでは、造影CTをとって、卵巣捻転の手術がいるか見る必要がある、と言われて、

即大学病院に救急車で搬送されました。

この時点で10時になっています。

まだまだお腹は激痛です!

造影CTでいますぐの手術はいらない。と分かり、

血栓予防のソルデム輸液と、鎮痛剤の点滴アセリオを投与されながら、徐々に痛みが収まってきました。

そして、そのまま大学病院に緊急入院になります。

旦那が付いてきてくれたのですが、私は急いで検査する必要があるし、旦那は入院手続きを至急する必要があって、ほぼ別行動に。


大学病院には旦那も付いてきてくれたのですが、

旦那は同意書や、入院の手続きを至急する必要がある、とのことでずっと別行動でした。

なので、私はお腹が痛くてどうしようもない中、ぜんぶの説明を自分で聞きました。

人工授精のOHSS、卵巣捻転疑いもあり。っていうのはなかなかなようで、隣に研修医さんも3人以上居たことにビビりました。


かつ、急病なので、担架で運ばれつつ、先生が説明してくれるような怒涛の時間でした。



スポンサー広告



血栓予防の点滴は24時間 お茶とお水以外は絶食

造影CTで、いまのところは卵巣捻転の開腹手術の必要はない。

けど、疑わしいなら、もう開けてしまおうか?


という外科医の言葉にビビりつつ、鎮痛剤で痛みが収まってからは、処置は24時間の輸液だけになりました。

お茶とお水以外は絶食で、トイレ以外は絶対安静。

激しい痛みが出たら、即開腹手術という流れです。

いつ手術になってもおかしくないので、
病室はナースセンター隣のリカバリーでした。

ずっとスマホで動画を見ながら、左手は点滴が繋がれているという状況

病室に入った11時から寝るまでの21時までは、左手が点滴を繋いでいるので、

ずっと右手でYouTubeとかAmazonプライムを見ていました。

こんなときに通信料無制限プランの長所がでるんだなぁ!

っと実感しました。

ちなみに私はワイヤレスイヤホン派なので、コードが邪魔になることもありませんでした。

また、テレビカードは買っていません。

もちろん、お風呂も入れない。

当たり前ですが、お風呂の許可は出ていません。

というか、緊急入院だったので、着替えとかも何も無いんです。


あるものは、
旦那の車にあった、ポータブル充電器と

私のバックに入っていたワイヤレスイヤホン

スマホ、鍵、サイフ

旦那が買ってきたアクエリアスとミネラルウォーター

以上でした((((;゚Д゚))))

こんなんで入院する人は、きっと居ねぇ!!

救急車だったから私も旦那もパジャマだったし、家の戸締りも心配で旦那は1度帰宅

そもそも、早朝のお腹の激痛で、私も旦那もパジャマのままだったのです。

それが、、まさかまさかの片道1時間の

県外の大学病院に入院になるなんて、全く考えていません。

家の鍵は閉めたものの、窓の鍵は空いてる気がするし、

パジャマだし。

ということで、私が病室についてから、旦那には一旦帰ってもらうことにしました。

それに、救急車が朝の5時だったので、昨日の夜から旦那は何も食べてないので、休憩も必要だったわけです。

私はいつ手術か分からない状態ですが、このままの状態で手術まで待機するのも無駄ですから。

・・・結果的に手術にならなくてよかった(´°_°`)

3日は入院してもらう、と先生に言われていたので、旦那に持ってきてもらった入院グッズ

旦那が一旦帰ることを看護師さんに伝えると、看護師さんは1日で退院できるわけではないからっと言われました。

先生には手術なしでも、最低3日ほどと聞いていたそうです。

なので、旦那に入院で必要なものを頼みました。

・服類(24時間点滴なので、なるべく前開きで、腕口が大きいもの)

・パンツ(少ないとはいえ腹水でキツくなっていたので、LLサイズを新しく買ってもらいました。)

・ブラなどはいらない。(締め付けられそうです)

・充電器グッズ

・歯ブラシと小さな紙コップ

・箱ティッシュ

・ハンドタオル数枚
(ハンドタオルは、入浴ができないときも、歯磨き用とトイレ用で、1日2枚使いました。)

・マフラータオル
(バスタオルじゃ大きすぎますが、お風呂解禁になったときのために。3日目からシャワー解禁になりました。)

旦那には、病院に荷物を届けてもらってから、すぐに帰ってもらいました。

明日は働いてくれるので。


スポンサー広告



お菓子も食べれへんねん。

旦那が3時間後病院に帰ってくると、チョコレートとか、ビスコも買っていてくれました。

が、旦那がいない間に、私は絶食指示を受けていたので、カバンの下のほうに閉まってもらいました(´;Д;`)

持って帰ってもらおうか💡とも思いましたが、2日目の夜から食事OKになり、そこで食べることになります。

入院中も捻転ほどではないが痛くなることがあったので、鎮痛剤点滴を追加

お腹を抱えて暴れるほど激痛になったら即開腹手術。

と先生には言われていました。

救急車で運ばれたときは、まさしくそんな感じでしたが、いまはそこまでではありません。


入院初日の午後からは、重い生理痛程度になっていました。(高温期7日目で生理じゃないけど)

なので、先生はこれで収まれば良いとのことで、点滴の鎮痛剤を流してくれました。

名前はアセリオ。30分かけて投与します。

効くのに時間がかかるのかな?

点滴を入れている間は全然効かず、1時間後くらいに効いてくれます。

ともわれ、これで痛みは解決しました。

夜も鎮痛剤点滴を入れたので、ゆっくり寝れました。

6時間おきならば使える点滴の鎮痛剤
(別の種類にしたら6時間待たなくても良いらしい。)

それのおかげで、入院1日目の夜は緊急入院にも関わらず11時から朝の6時まで眠れました。

早朝のあれほどの尿意は夜には収まった。

救急車で運ばれる直前、激しい腹痛もありましたけど、何よりも尿意が激しかったんです。


全然出ないのに、尿意が強いので、膀胱炎だと本気で思っていました。

しかし、入院初日の夜きは、キツかった尿意もだいぶ収まっていました。

OHSSは腫れた卵巣が膀胱を押すので尿意を感じることがあるらしく、それが私だった。

この尿意を感じた理由ですが、先生にOHSSで入院と言われたときに、

実は、私は尿意が酷かったので、膀胱炎だと思っていたことを伝えました。

先生は、

OHSSによって、卵巣が大きくなると、膀胱が押されてしまうので、尿意を感じることになる。と説明してくれました。


私が尿意を感じていたのは、尿の異常ではなく、卵巣から来ていたのですね。

血栓予防や腎機能低下を防ぐために、OHSSと水分、排尿には大事な関係があるとか。

先生によると、
OHSSになると、血管内の水分が出てしまって、腹水、胸水が増えたり、血栓リスクが上がる可能性があるらしいです。

かつ、そこまでいかなくても、OHSSは血管内の脱水を生じさせるので、

尿量低下から、腎機能を低下させる可能性があるとか。

なので、OHSSになると、水分をしっかりと取って、

排尿する必要があるそうです。


次の記事では、入院2日目について書きます。


無断引用・転載厳禁 copyright©2018-2019 にんfull