にんfull

内容が多いので、カテゴリを下から選んでご覧ください。

OHSS入院3日目やっと食事が出た!卵巣の腫れはまだ大きい。明日退院できるぞ!

OHSS入院3日目からはやっと病院食が出ました。
ちなみに、血栓予防の点滴は2日目の夜から外されていて、
この日からは、腎機能を低下させないように、たくさん飲んで出すことがミッションです!

f:id:uuuta1122:20181222161852j:plain

OHSSは妊娠してなければ、勝手に生理が来ると卵巣が小さくなるので治るらしい。

OHSSの入院から3日目、2日目の昨日は高温期8日目にも関わらず、

こまめな血液検査でのHCG測定で、今回は妊娠してないことが確定されました。

OHSSは、妊娠してなければ、生理に近づくにつれ、徐々に卵巣が小さくなるので治って、

生理が来たら、一気に卵巣がいつもの2cmほどになるので、一気に改善するそう。


なので、OHSSにとって、妊娠してない。ということは1番の治療になるそうです。

人工授精でOHSSを発症し、下腹部の激痛で救急車からの緊急入院の流れは、こちらの記事をご覧下さい

www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com


今日は入院3日目のお話になります。

入院3日目。昨日もよく寝れたけど、朝から看護師さんに、水分をたくさん沢山とるようにアドバイスされる。腎機能低下防止のために。

入院3日目。

血栓のリスクが小さいとのことで、先生が昨日の夜中に点滴を外してくれました。

だからか、昨日はますますぐっすり眠ることができました。

途中でお腹がいたくなることもありません。

寝る前の鎮痛剤点滴もいらなかったですね。


さて、朝起きると看護師さんから、

いままでは血栓予防と腎機能低下防止の点滴をしていたけど、点滴をとったから、こまめに水分補給してね。

とアドバイスされました。

OHSSになると、身体が脱水の状態になりやすいので、腎機能低下が起こりやすくなるそうです。

なので、こまめに水分をとって、しっかりと出す必要があります。

朝から病院食が出る予定が、先生のオーダー忘れでお昼からに。コンビニでサラダ巻きを購入

今日の朝からは病院食が出る予定でした。

しかし、先生のオーダー忘れでお昼からに・・・

昨日の夜の分も忘れられてたぞ←


昨日は歩くのが辛かったので、お菓子を食べましたが、


今回の朝ごはんはコンビニでサラダ巻きを購入して食べました。

めちゃ美味しい!

食事中に、先生がちょっと見に来てくれて、それだけ元気なら、ほんとうに明日退院できるね。と言ってくれました。

えぇ、私、お腹はどんより痛いけど、元気なのですヾ(*´∀`*)ノ

スポンサー広告



もう点滴が付いてない。午前にシャワー許可がでた!

点滴を外したし、朝ごはんもしっかり食べれるってことで、先生がシャワー許可を出してくれました。

入院1日目と2日目は無理だったので嬉しい。

大学病院のシャワー室がヘッドシャワーつきのオシャレ感抜群の部屋だったので、テンション上がります。

大学病院内コンビニにシャンプー買いに行った帰り道、腹痛に襲われて鎮痛剤追加

が、病院内のコンビニにシャンプーを買いに行った帰り道、どんどんお腹が痛くなってきて、、

病室に入る前ニナースセンターでお腹痛いと伝えました。

いままではアセリオの鎮痛剤点滴。今日からはカロナール。成分は同じ! カロナール凄い!

いままではアセリオという鎮痛剤点滴を使っていましたが、

今回はカロナールの錠剤でした。

あれ、カロナールって弱くなかったか?!

と思いましたが、

アセリオと、カロナールは同じだそう。


実際に、アセリオと同じく効くまでに1時間くらいかかりましたが、

痛みは引いていきました。

結局、コンビニにシャンプーを買いに行ってから、2時間はまた寝ていました。

初めての病院食は、薄味で不味かった・・・。 普通食とは。

さて、お昼ごはんはやっと病院食がでます。

ホテル並みに綺麗な病院だったので、病院食にはめちゃくちゃ期待してました。

が、

ビックリするほど薄味でまずい。


鶏肉の照り焼き。らしいですけど、お湯の味しかしないし、

一口大が2個だし(o_o)

【 普通食 】

普通食ってなんですか?笑

食後はお腹がどーんと痛くなるので、しばし休憩&ゆーっくり食べる。

食後はお腹がどーんっと生理痛のような痛みがじんわり続くので、ゆっくり食べるのはもちろんですが、

食後は1時間ほどゆっくり休憩しました。

昨日の夜ご飯はブルボンのきなこ豆乳ウエハース、ひと袋80カロリーを4袋 ←多いな笑

朝ごはんのコンビニサラダ巻き 300カロリー


お昼ご飯の病院食。

不味かったのに、750カロリー:( ;´꒳`;):

消化でお腹が動くごとに卵巣が痛くて辛かったです。

夕方からシャワーに入れた! リカバリーから普通の病室へ移動

夕方からはシャワーに入ることができました。

髪もドライヤーで乾かして、久びさにさっぱりしました。

シャワーのときはどんより腹痛だけで済んだので、助かりました笑


シャワーから出ると、ナースセンター横のリカバリーから一般の4人部屋に移動になりました。

1人4畳くらい広いし、さらにホテル並みの部屋で感動しました。



スポンサー広告



入院3日目の今日はずっとじんわりお腹が痛いけど昨日よりマシ。卵巣の腫れはまだ大きい高級ナス。

入院3日目は、昨日よりはマシですが、やっぱりずっとお腹は痛かったです。

そーっとお腹を触ってみたら、右側の卵巣の腫れは高級なナスって感じにまだ鎮座してらっしゃいました(*´罒`*)


なんだか細長くて、太くて、あれはまじでナスです!

ちなみに、入院後2日目、この日から4日目のこのブログを書いているいまは、どこに卵巣があるのか分からないくらいになりました。

食べ過ぎもあるかも←

先生の内診の結果、まだ卵巣のサイズはそこまで小さくなってないらしい。が、元気なので明日退院!!

先生から膣エコーが夕方ありました。

卵巣は入院時の

右卵巣10センチ
左卵巣8センチ

からそれほど小さくなってないそう。

まだナスなので、私もさすがに自覚しています。


が、妊娠が成立してないから勝手に治ることと
何よりも、私が元気なので、明日の午前に退院できることになりました。

腎機能低下を防ぐために、とにかく、沢山水やお茶、ジュースでも良いから飲むように指示を受けた。

先生からの指示は、腎機能の低下を防ぐために、飲み物を沢山飲むことでした。

血栓リスクは採血から高くないことが分かりましたが、

OHSSは脱水になるので、腎機能低下をふせぐために、水分をしっかりとることが大切で、出すことも大切だそうです。

退院後の生活について。OHSSは勝手に治るが、日常生活を送って、性生活はしばらく禁止

退院後の生活についての指示は

・水分をとること

・安静を基本に日常生活を送ること

・痛くなったらロキソニンを飲むこと

・激痛の場合は迷わず速攻大学病院へ

・性生活はしばらく禁止

・水分をとって、しっかり寝る


ということでした|ω`)


次回診察は、12月26日。

予定では生理2日目か3日目で、卵巣がちゃんとちいさくなったのかを確認するそうです。

尿量は、救急車で運ばれるときから、膀胱炎か?と思うくらいにおかしかった。

尿量については、実は救急車で運ばれるときは、激しい尿意を感じているのに、全然でないほど、最初はおかしかったのです。

なので、これは膀胱炎だろう(o_o)と確信していたのです。

異常な尿意の原因。OHSSで卵巣が腫れたことにより、膀胱が押されていたそう。

さて、私の不妊治療クリニックの先生は、私の大学病院での主治医ではないですが、大学病院の先生でもあります。


なので、先生に、最初は膀胱炎だと思った。ときいたところ、


卵巣が腫れて、膀胱が押されることによって、膀胱の違和感とか、尿意を感じることに繋がるそうです。

入院3日目には、尿が通常になった。

実際に、この入院3日目には、もう尿意が常にある。ということはなく、

溜まってきたら尿意が出る。

という至って通常の反応に戻っていました。

救急車にのった激痛の原因は、卵巣出血だからか?

また不妊治療クリニックの先生によると、

私が救急車にのった激痛の原因は、右側からの卵巣出血が原因だった可能性がある。とのことでした。


実際に卵巣出血あるし。

卵巣出血は数時間の激痛が特徴で、右側が多いそう。

卵巣捻転でも、右側下腹部は激痛が続くけど、

卵巣出血でも、右下腹部の激痛が数時間続くことが特徴だそうです。

私の場合は、卵巣捻転疑いと、卵巣出血が両方だったので、ほんとうはどっちなのか、両方なのかは分かりません

結局、元気だから良かったね!で収まった。


というわけで、結局は、元気だし、明日退院できるから、良かったよね!っという話に落ち着きました。

次回の記事は退院日以降のことを書いていきます。


www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。