にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

不妊治療クリニックの初診費用と、タイミング法の料金【30歳妊活ブログ】

不妊治療(現在人工授精)にかかった額をまとめて公開しています。

今回は、初診の3月~ 
検査周期の4月の料金です。

・初診

・無排卵月経のリセット治療

・卵管通水検査

・タイミング法

の費用をまとめました。

(現在は人工授精段階になっています。)
f:id:uuuta1122:20181109231502p:plain

不妊治療クリニックの初診は、感染症検査が保険適応外なので、一万円を超えました。

3月 12日 初診 12,120円


不妊治療の初診は、2万ほど持参したほうが、無難です。


理由は、感染症検査が採血である場合が多いですが、保険適応外だからです。


血液検査項目

・ホルモン検査

・抗精子抗体検査

・B型肝炎

・血糖値

・クラミジア

不妊治療クリニックの初診での検査内容や、初診の流れは、こちらをご覧ください
www.fullhoikutoninkatu.com


クリニックはなるべく婦人科や産科ではなく、不妊治療専門クリニックを受診したほうが良い理由

不妊治療の受診ですが、

産婦人科などではなく、最初から不妊治療クリニックを受診することが、私はオススメです。


私は、受診理由が、

基礎体温を付けてみて、無排卵月経と、高温期が短いことが気になったから。でした。


なので、まだ29歳で若いし、
産婦人科で大丈夫だろうと思って、最初は産婦人科に通院していました。

しかし、なんとなく不安になって、不妊治療の専門クリニックに自ら転院しています。

30歳で不妊治療クリニックに転院すると、たくさんの違いがありました。

www.fullhoikutoninkatu.com


スポンサー広告



精液検査の設備が違う。

産婦人科では、顕微鏡で精液の様子を見て、精子の動きが良いかを見ていましたが、

不妊治療クリニックでは、
精液を画像診断に回し、

パソコンに映像で流して、精子の奇形や、動きの軌跡まで分かるようになっていました。


そして、そこで、旦那が中度乏精子症であることが分かります。
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com

初診の結果聞いて、内服をもらった再診日の金額は940円

3月24日に初診の検査結果を聞きに行きました。

3月が無排卵月経だったので、妊娠の可能性はゼロ。

無排卵月経で、ずっと低温期のままだったので、

薬で、高温期にして、生理を起こすことになりました。


・診察(検査結果を聞くだけ)

院内処方
・プレマリン (10日分 毎日2錠)

・プロゲストン(10日分 毎日6錠)

合計960円 

薬を飲んで、14日後に生理がきた。

先生に、薬を飲み終わってから、3日後くらいに生理が来ます。

と言われていたように、
薬を飲み始めてから一気に基礎体温が上がり、薬の飲み始めから、4日後に生理が来ました。



f:id:uuuta1122:20181109224953j:plain

3月24日に赤の縦線を合わせてあります。

内服翌日の25日から、一気に基礎体温が上がったので、とても驚きました。

25日の周期日数はD28日目です。


生理の量は、普段と同じくらいで、生理痛もいつもと同じくらい重たかったです。


なぜ、無排卵月経なのか。

さて、今月は無排卵月経だったので、薬で無理やり生理を起こすことになりましたが、
4月は、

なぜ、無排卵月経なのか?を知るための周期になりました。

・卵胞が育たない。
・卵胞が大きくなっても、排卵されない。

などの理由があるそうです。
www.fullhoikutoninkatu.com



スポンサー広告



4月の治療 卵管通水検査は、保険適応外で5000円でした。


4月は無排卵月経の原因を知るために、

自力排卵になるので、クロミッドも、セキソビットものんでいません。


卵管通水検査を行う日が、4月最初の診察日になりました。

4月14日 卵管通水(5000円 自費) 5030円

卵管の詰まりはなかったです

激痛でしたが。

卵管通水検査については、詳しくは、この記事にまとめました。
www.fullhoikutoninkatu.com


卵胞チェックの金額2000円前後

4月は、エコーで排卵の様子を探るために、こまめに、卵胞チェックに通うことになりました。

4月20日 診察と卵胞チェック 3510円

この時点で大きかったので、

次回は、確実に排卵しているであろう、3日後に、排卵済のチェックをすることになります。

ちなみに卵胞チェックは、、月に何回もすることは、保険適応外になります。

卵胞が大きいまま育っていない。HCG注射で排卵

3日後、

卵胞は、大きさはあるのに、排卵がされていませんでした。

自力排卵が、難しいときがあるのが、私の無排卵の原因であることが分かったので、

今回は、HCG注射を使って、注射で排卵することになりました。


4月23日 
診察 卵胞チェック HCG注射 
合計2360円

高温期に基礎体温が上がらないことへのホルモン治療の費用

さて、翌日も受診して、

私の高温期が、排卵から、基礎体温が十分に上がるまでに一週間近くかかることへの薬がでました。

これは受診前の2月の基礎体温ですが、


f:id:uuuta1122:20181109225507j:plain



私は排卵日~生理初日まで15日あるにも関わらず、

充分に基礎体温が上がるのが4日程度でした。

4月24日 診察 院内処方で薬をもらう 1000円

処方内容
・プレマリン 10日分 一日2錠
・プロゲストン 10日分 一日6錠

基礎体温は、24日に薬を飲んだ翌日から、ぐっと上がりました!


f:id:uuuta1122:20181109230517j:plain

こんな基礎体温は初めて見ましたが、

まだ上がり足りないらしく、
5月からは注射を追加されますが、

これはまた次回の記事で。

3月周期と4月周期の通院回数と、治療費を合計

3月 2回通院
13060円

4月 4回通院
11900円

両方1万を超えていました。

通院合計 24960円

今回の治療費のまとめ記事は、これで終わります。


5 月の治療費用まとめ記事は、

・高温期に注射が追加になったこと
・フーナーテスト

を中心に記載します。



www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。