にんふるほいくふる

内容が多いので、カテゴリを下から選んでご覧ください。

HMG注射とセキソビットを使用した人工授精の通院回数と、費用【30歳の不妊治療ブログ】

さて、7月から人工授精を始めましたが、先月は陰性でした。

8月は、

【人工授精の確率を上げる】

らしい、HMG注射の接種と組み合わせることになります。

・通院日程
・かかった金額

について、書いていきます。



f:id:uuuta1122:20181111213055j:plain

いままでの不妊治療歴と、基礎体温グラフ、費用はこの記事でまとめています。

www.fullhoikutoninkatu.com

生理中のセキソビット処方と、人工授精にHMG注射を追加する説明を受けました。

8月6日

生理痛がひどいので、ロキソニンを処方してもらいつつ、セキソビットも貰いました。

生理中受診 診察のみ
セキソビット5日分 1日6錠
ロキソニン

合計910円

さて、先月に引き続き、今月もセキソビットを5日間、1日6錠飲むことになります

そして、今月は人工授精の前に、HMG注射を3回打つことの説明を受けました。

HMG注射は人工授精の確率を上げるのか?

先生が言うには、
人工授精は、人工授精だけをするよりも、

・クロミッドと組み合わせたとき

・HMG注射を組み合わせたとき

のほうが、妊娠率が上がるそう。

せっかく人工授精するなら、ちょっとでも可能性を増やそう。
ということで、注射が追加になりました。

が、

まさか、注射が1本ではなく、

3日間連続通院で3日間打たれることには落ち込みました。

"スポンサー広告



HMG注射は、子宮内膜を厚くする→名古屋大学も発表していた。

私の通うクリニックの先生の説明では、
HMG注射の効果は、

・卵胞を育てること。

・子宮内膜を厚くすることがあること

・HCG注射とは、まったく別物で、排卵効果はなし。


とのことでした。

ネットで調べると

名古屋大学の意見で、HMG注射が子宮内膜を厚くする。ものがありました。

これについての記事を書きました。

www.fullhoikutoninkatu.com

実際にHMG注射を3日連続で打った費用

さて、実際に診察なしで、HMG注射だけ打つことに、クリニックに2回通いました。

8月11日 注射のみ 750円

8月12日 注射のみ 750円

一回は診察付で卵胞を測定します。

8月13日 エコー卵胞測定、HMG注射 
2640円

この時点で卵胞は15ミリ、今回はHMG注射を打って、

明日、HCG注射だけを打つための通院をして、

明後日が人工授精になりました。


8月14日 HCG注射のみ 550円

HMG注射もHCG注射も安いですが、HCG注射のほうが、若干安いですね。

人工授精の実施。人工授精の金額と、旦那の精液検査の悪化で漢方が処方された費用


8月 15日 人工授精

プロゲステロン注射

プレマリン 一日2錠10日分

プロゲストン 一日6錠 10日分

合計16790円
(ここまではいつもの高温期に必要な治療と同じ)


ですが、

今回は持参した旦那の精子検査結果の数値が過去最低で、漢方が処方されることになりました。


旦那精液検査 
ケイシカリュウコツボレイトウ 
漢方1か月分
1960円

漢方って高いイメージが強かったですが、運よく、旦那の漢方は安かったです。



スポンサー広告



漢方と、精子の運動率を改善するトマトジュースを飲んだ結果、3ヶ月で改善した。リコピン効果!


漢方と、精子に良いトマトジュースを飲んだ結果、

過去最高記録の結果まで3ヶ月で改善しました。

3か月前に過去最低記録を出したのに、

3ヶ月後には、過去最高になるとは、びっくりです。

トマトジュースが精子に良い理由と証明については、
カゴメが自社のトマトジュースで実験しています。

トマトのリコピンが、活性酸素に効果があることで、

活性酸素が精子に悪影響を与えることがあり、結果的にトマトが精子の運動率に有効であるそうです。

リコピンは水溶性なので、効果を期待するためには、毎日摂取することが必要になります。

このことは、この記事にまとめました。
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com



高温期の基礎体温が全然上がらない。

治療を始める前は、高温期に高温になっていることが、4日という散々な結果を樹立していた私も、

治療を始めれば、毎月そこそこの基礎体温を維持していましたが、

今月は、排卵から3日経っても、全然あがりませんでした。

先月の7月も、セキソビットを使っていて、先月の基礎体温はこちら。

f:id:uuuta1122:20181111215416j:plain

8月の基礎体温はこちら。


f:id:uuuta1122:20181111215444j:plain

36.7を示す青の横線。

先月は10日ほど上回っているにも関わらず、
8月は4日です。


私は、高温期の基礎体温をクリニックに電話しなきゃいけないので、
電話したところ、

今月は、いつもは月に1本のプロゲストン注射を
2本打つことになりました。

あれ、いたいんだけどなあ。



再度プロゲストン注射を打っても、全然基礎体温が高温期に上がらない。

8月20日 注射のみ 330円

HCG注射より
HMG注射よりも、安いのが、プロゲストン注射ですね。


注射を打ってから2日間は高温を保ちましたが、そのあとはすぐに下がってしまいました。

私は注射で不足しているホルモンを追加する必要があるので、

(注射をして、本来の身体のホルモン機能に働きかける。)

下がったら連絡するように先生には言われていましたが、

今月は、どう考えても妊娠は無理と悟って、リセットがくることを待ちました。

実際にリセットしたし。


治療してから高温期は改善されていたのに、なぜ下がった? 私がやせ形だから?もともとの生理不順の復活?

さて、先生にどうして今月の基礎体温は下がったのか?

私がやせ形なのがダメなのか?(BMI16~17でこのときは16でした。太れない体質です)

聞いてみましたが、薬が効いているから、体質は考える必要はない。と言われました。


そして、私が20歳までかなりの生理不順だったことも、いま、薬で28日周期が作れているから関係はないことを言われました。

HMG注射は高温期を下げることがある。

さて、なぜ高温期の基礎体温が下がったか。というと、個人差は大きいですが、

HMG注射は、高温期の基礎体温を下げることがあるそう。


そこで、
クロミッドは、基礎体温を高くする効果があるらしく、

セキソビットから、クロミッドに来月から変更して、様子を見ることになりました。


あれ?クロミッドは、子宮内膜が薄くなって、生理の量がすごく減って、やめたのでは?


と思いましたが、
HMG注射に子宮内膜を厚くする効果があるので、


クロミッドと、HMG注射の合わせ技を試すことになります。

妊娠はしませんでしたが、実際に、9月はこの判断が大正解になります。


不妊治療の治療費まとめ。

さて、今月の治療費の合計は、

24680円でした。

先月よりも、注射が4本も多いですが、

幸いに注射の単価が低いので、あまり変わりませえんでした。

通院回数は、過去最高の7回

そのうち5回は連続通院です。
すげええええ笑

いままでの治療費との合計


3月 13060円
4月 11900円

ここまでは検査が多かった。
次からはタイミング法

5月 7030円

6月 6320円

タイミング法をやめて、人工授精に

7月 20260円

8月 24680円 


合計はとうとう10万を超えました 

10,7930円です。
www.fullhoikutoninkatu.com


最近、私の口座預金がどんどん減っていて、

アレ? 化粧品は年末に一年分まとめ買いしているのに、何があった?

と思いましたが
不妊治療がありましたね。

せつないもんです。




スポンサー広告


当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。