にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

雨漏りで業者を呼んだら、間違った100万近い見積もりを提示された。対策と注意点

今年の台風で雨漏りがあったので、修理業者さんを呼んだら、1社は50~100万、2社目は修理の必要なし。

って言われて、もうちょっとで1社目を信じて100万準備しそうになったので、反省と業者さんを呼ぶ時の注意点について記事にしていきます。

 

f:id:uuuta1122:20181016165606p:plain

 

買った年は大丈夫だったのに。購入から3年目の中古住宅で雨漏りしました。

3年前に購入した築30年の中古住宅。

買ってから2年間は、台風が来ても雨漏りなんて全くありませんでした。

 

しかし、3年目から突然、台風のときだけ雨漏りがするようになりました。

 

台風がきて1時間くらいはなんとも無いのですが、

台風の後半1時間の間に、1階の部屋の真ん中の天井からポタポタと落ちる水滴

 

台風が去れば止まりますし、量も全部でコップの1/3くらいです。

 

 

中古住宅なので、保証が降りない可能性あり。

 

放置しようかな?

とも考えましたが、まだまだ私たち夫婦は30代。

長く住みたいので修理することにしました。

 

本来、

”台風による家の損傷”の雨漏りならば、火災保険のなかの風災保険がおりることがあります。

 

しかしながら、私たちの中古住宅は既に築30年。

修理業者さんから、保証が降りる可能性は低いと聞きました。

 

屋根の点検・修理をお願いする手順

下見・放水点検・見積もり作成は、無料でしてもらえます。

 

ですので、まずは

”地元の地域名 屋根修理”

でネット検索してみて、良さそうな業者さんに電話してください。

 

修理業者さんが来る時の準備

 

・あれば家の設計図

・場所が分かれば、点検口の押し入れを開けておく。

(雨漏りの部屋に点検口があれば。)

 

※点検口とは、家の中から簡単に天井裏を見るために作られた検査用の場所。

押し入れの中が多いです。

 

1社目の 1回目の無料下見点検。パパっと見て”原因は屋根”と特定。放水点検をすることになる。

1つ目の業者さんは、家の中の雨漏りしたところと瓦を2階の窓から見て、瓦が原因だろうから、次回により場所を把握するために放水点検をします。

と言われました。

 

所要時間 20分

費用 無料

 

 

放水点検の説明と準備すること。

放水点検とは…

雨漏りを再現して、どこから落ちてくるのかを明確にするために、

怪しいところの屋根からホースで大量の水を流します。

 

修理業者さんは2人で来てくれて、

1人はハシゴで屋根に登って水を流してくれて

もう一人は、家の中の点検口などから、雨漏りの様子を確認、どこらへんの瓦かを明確にします。

 

用意するのは、

・ホース(私は業者さんが持ってきてくれました。)

・点検口の押し入れを開けておく。

・その部屋を片付けておく。

 

 

1社目の2回目の来宅 費用無料の放水点検実施 → 成果が得られず、先に天井を外す見積もりを作成される。

さて、放水点検として、屋根から20分くらいずーーーっとホースで水を流してくれました。

しかし、家の中はビクともせず、全く雨漏りは再現できません。

 

台風のときしか雨漏りしないので、ホースじゃ難しいのかな?ということになりました。

 

そして、点検口からじゃ雨漏りのところが見にくいので、

Σ(゚Д゚ υ) 

雨漏りしてる部屋の天井を全て外して放水点検をサイド行い、

その現状から雨漏り修理を行い、

それが終わってから、新しい天井を取り付ける。

 

と言われました。

 

……とりあえず、

天井を外して、新しい天井にするのは、8万円くらいで出来るそうです。

意外と安い…(金銭感覚狂いかけ)

 

が、しかし、

雨漏りの修理は、50万~100万円かかると言われました。

天井の料金とは別途。

 

詳しい金額は天井を開けなければ分からないし、天井を開けたら雨漏り修理をする方向に進みます。

 

業者が来たら最低限”名刺”は見ましょう

しかし、私はずーっと1社目の業者さんは申し訳ないですが疑ってました。

 

1日目の点検に来た方は、名刺に”営業”って書いてあるだけ。

 

2日目の放水点検で来た方は、作業着で来て頂いたので、名刺も資格持ちだろうと思ったら

”技師”

だけだったんです。

 

というわけで、1社目には保留にすることを伝えて、

別の業者さんに無料点検もしてもらうことにしました。

 

 

2社目の1回目の来宅 無料点検「原因は屋根じゃない。」

 

今回来てくれた方は、1級建築士と名刺に書いてあったので、一安心しました。

 

雨漏り箇所を見て、

屋根の上をちょっと歩くと、

すぐに

「屋根からの雨漏りは有り得ない」

と言われました。

 

 理由は、

・屋根に全く亀裂や問題がないこと。

・屋根の端、つまり雨漏りしやすい箇所が別の屋根の下になっているなど、そもそも雨漏りしにくい構造になっていること。

 

本当の理由は、壁のごく小さな亀裂の1つか、初めて知った家の上にある通気口

 

考えられる別の原因は、

・今年の台風は大きかったので、ごくごく小さな壁の亀裂から水が入った。

→これが原因なら、次回台風のときに2階の点検口から確認。

 

・今年の台風は大きかったので、家のてっぺんにある通気口に暴風雨で水が入った。

→これが原因なら、今年の台風は大きかったから仕方ない。

 

 

2社目は、様子を見てください。と言って、見積もりも何もせずに説明だけして頂けた。

 

壁からの漏れにしても、通気口からにしても、

家の内部が濡れるのは家が腐るのでは?と業者さんに質問しましたが、

それはよっぽどの悪条件下なので、問題ないそう。

 

なので、一切の修理はなく、様子見することになりました。

 

 

~まとめ~業者さんは最低2業者さんから話を聞いて、見積もりを取ってください!

専門の業者さんを呼んだのに、こんなにも意見が違うなんてゾッとしました。

1社目の方には、そもそも通気口なんて全く言われなかったので、通気口に気付いてなかったのかもしれません。

 

1社目に頼んでいたら、約100万円。

2社目なら、ある意味0円です。

 

家の修理をするときは、最低でも2社から見積もりを取る大切と身に染みました。

 

 

………1社目の人には、私が30歳の女やから舐められたんかなぁ。

家入っていきなり、

「お母さんかお父さんいますか?」

 

って言われたけど、私は大人だからな ってちょっとイラッとしました。

 

 

www.fullhoikutoninkatu.com

 

 

 

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。