にんふるほいくふる

内容が多いので、カテゴリを下から選んでご覧ください。

一人暮らしの洗濯機を二人用サイズと買い替えるポイント。容量で選ぼう。

一人暮らしのときの洗濯機から、2人暮らしの洗濯機のサイズに買い替えを悩んでいるときの

知るべきポイントについてまとめました。

・服を洗える容量
・1人あたりの1日の洗濯物量

から一緒に見ていきましょう。

実際に1人暮らしのときの洗濯機を2人で使うことの感想も書いています。



f:id:uuuta1122:20181118083624j:plain

洗濯機の水の量と服の容量で、洗濯機の大きさが変わる。

洗濯機を購入するときに、
洗濯機に入る服の容量は3キロです。

などという言葉をよく見ると思います。

しかし、実際の洗濯機のメモリは水の量なので
どの水の量を選択したら、どのくらいの服が入るのか、わかりにくいですよね。

一例として、
洗濯機の水の量と、服の容量には、このような関係があります。

水の量が30リットル  → 服は1.5kg

水の量が45リットル  → 服は 4.0kg

水の量が60リットル  → 服の量は8.0kg

水の量が65リットル → 服の量は9.0kg 

そして、当たり前ですが、この大きさに比例するように、
洗濯機の大きさが大きくなります。

1人当たり約1.5kgが一日の洗濯物の量。時期によって変動あり。

一人当たりの洗濯物の量は、一日約1.5kgと言われています。

かつ、夏場でよく着替える人がいれば、必然的に洗濯物は多くなりますし

切る服が増える冬も洗濯物が多くなります。

一人暮らしにおすすめの洗濯機の容量サイズは45リットル 毎日洗濯できる?

一人暮らしの洗濯機、よくビックカメラやヤマダ電機などの量販店で5万以下でおしゃれなものが沢山販売されています。

一人暮らしにおすすめの洗濯機のサイズは、
水の量が45リットルの洗濯機です。

服の量は約4kg入ります。

実際に、私たちがいま使っている、一人暮らし用の洗濯機も45リットルのタイプです。


スポンサー広告


一日に、1.5kgの洗濯物がでるとはいえ、毎日洗濯機が回せるとは限りません。

それに、洗濯機をいっぱいいっぱい入れてしまうことは、洗濯機によくありません。

ですので、一人暮らしにおすすめの洗濯機のサイズは、45リットル。

45リットルの洗濯機は中型で、5万円程度で購入することが可能です。

何日か洗濯物がたまってしまう場合は7キロ程度の大型洗濯機も検討しよう。乾燥機能が強い

もし、洗濯物が何日かたまってしまう場合は、大型の洗濯機を検討しても良いでしょう。

大型の洗濯機は、中型の洗濯機よりも高機能を備えているものが多いです。

また、洗濯物の量よりも
洗濯機での乾燥機能が一回で使用できる量は少ないので、

乾燥機能に期待している場合は、大型の洗濯機を購入するメリットは大きいです。

また、毛布も洗えるサイズになってきます。

ドラム式を中心に、
十分な
乾燥機能を備えた洗濯機も大型の洗濯機で増えていきます。

2人暮らしにおすすめの洗濯機の容量。

2人暮らしにおすすめの洗濯機の容量は7キロです。

2人で1日3キロの洗濯物が出るので、1日溜めたら6キロになります。

それに、
・バスタオル
・多く着込んだとき

などを考えると、7キロは現実的。



2人で4.5キロの小さな洗濯機を使うことは2回回すことがあるので効率が悪い。

実際に、私たち夫婦は、2人暮らしで、一人暮らしのときの4.5リットルの洗濯機を使ってきました。

しかし、
1日溜めたら確実に2回、回しますし、

毎日洗っていても、着替えの多い夏や、着る服のおおい冬は2回回すときがあります。

7キロでおすすめの安い洗濯機。アクアとシャープから。

アクアは、サンヨーの子会社です。
他社の洗濯機よりも、平均して安いことがポイント。

乾燥機能はなし。

このアクア7キロは音が大きいので、そこが難点。

シャープ SHARP 全自動洗濯機 穴なし槽 ピンク系 インバーター搭載 7kg ES-GV7C-P

シャープ SHARP 全自動洗濯機 穴なし槽 ピンク系 インバーター搭載 7kg ES-GV7C-P

シャープの7キロの洗濯機です。

7キロ台の洗濯機では、圧倒的といえるデザインの可愛さ。

サイズがとてもコンパクトで、高さが低いことが特徴

これも乾燥はできません。


ドラム式洗濯機のメリットとデメリット

・コンパクトながら十分な洗濯容量

・縦向きでなく、横向きというメリットで大幅な節水が可能。

・同様の理由で乾燥機能の効率が、縦型に比べてよい。


ドラム式洗濯機のデメリット。

・出し入れが腰を屈める必要がある。

・縦型の洗濯機は、上に開ける形なので、スペースは洗濯機のスペースだけになるが、
ドラム式は、ドアが前に開くので、縦型よりも、空間を圧迫する。

縦型洗濯機のメリットとっデメリット。

縦型洗濯機のメリット
・ドラム式よりも安い。

・つけあらいなどが普通にできるので、洗う力が強いのは縦型。

縦型洗濯機のデメリット

・乾燥機能が弱い。

毛布やラグを洗濯機で洗いたいなら、必然的に9キロ以上の大型を選択しよう。

120センチ×200センチあるようなシングルの毛布や、

100センチ×140センチのようなラグを自宅で洗濯したい場合は、

必然的に、大型の洗濯機のになります。

中型に無理に突っ込むと、途中で洗濯機が止まります。(経験者)

二人暮らしにおすすめの洗濯機

 
2人暮らしにおすすめの洗濯機は、

一日当たりの洗濯の量が3.0kgになるので、小型は無理です。


洗濯も、毎日できるとは、限らない場合は、

大型の選択がおすすめです。

私たち夫婦は、45リットルの中型の洗濯機を使っていますが、
45リットルは、洗濯物が4キロほどしか入らないので、毎日洗濯機を回していますし、

1日ためてしまって、2日分になるときは、

2回、洗濯機を回すことになっています。

なので、1日おきに洗濯機を回すことが多くなりそうな場合、2人暮らしは大型の洗濯機を選ぶことが無難です。


"スポンサー広告


次回の記事では、洗濯機を置く場所を考えた上での、洗濯機の選び方について書いていきます。

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。