にんふるほいくふる

内容が多いので、カテゴリを下から選んでご覧ください。

保育士試験対策、子どもの食と栄養で問題10こ作りました。

保育士試験一発合格者の私が、当ブログで保育士試験の練習問題を作成して、無料公開しています。

今日は、子どもの栄養の科目より、10問出題します。



f:id:uuuta1122:20181114214827j:plain

フォローアップミルクは、いつごろに与えられるか?






離乳食が関係しています。






回答 
離乳後期の9か月ごろ~ 離乳完了期の1歳~の時期。

解説 
ただし、フォローアップミルクは、離乳食から十分な栄養が取れないときに、栄養補給を行う目的があるものです。



f:id:uuuta1122:20181114215032j:plain


ミネラル、タンパク質、ビタミンが、ふつうの育児粉乳よりも多くなっています。

牛乳や、タンパク質を消化しやすく分解された調整粉乳の名前を述べよ。






調整粉乳にもさまざまな種類があります。




"スポンサー広告





回答 
ペプチドミルク 


離乳食、卵はどのように進めていくか?






卵は、いきなり全部ではありません。






回答 
卵の離乳食は、卵黄の固ゆでから始めて、全卵になる。

解説
卵は、離乳食を始めたばかりの頃は与えません。全粥からつぶしがゆになった程度の頃に、卵黄の固ゆでから始めます。
ただし、離乳食には個人差が大きいです。



f:id:uuuta1122:20181114215259j:plain


アレルギーの原因として多い食べ物を述べよ。




スポンサー広告













回答
アレルギーの原因になることが多い食べ物は、
1位 卵 50% 
2位 ミルク 20% 
3位 小麦 7% 

解説 
保育所でのアレルギー含有率は、約5%です。

卵アレルギー、牛乳アレルギーは多いので、アレルギー対応食は常備してあります。

アレルギー物質表示について、表示が義務付けられている食べ物を述べよ。





アレルギーの保有率が高いものの表示はもちろん、
アレルギー発症の際の危険性が高いものも表示義務になっています。






回答 
アレルギー物質表示が義務になっているものは、
・穀物(小麦・そば)
・豆類(落花生)
・畜産物(卵・乳)
・海産物(えび・かに) 
の7品目 

障害のある子どもへの食事について、自分で歩けない子どもの必要エネルギー量を述べよ。












回答 
自分で歩けない子どもの必要栄養量は、基礎代謝量だけで十分である。

解説 

多動な子どもや、麻痺などの症状がある子には、逆に必要栄養量は増加します。

嚥下障害がたべやすい姿勢を述べよ。






嚥下障害は、ごっくんがしにくいので、プリンやペースト状のものを与えることが好ましいです。
また、食べやすい姿勢もあります。











回答 
嚥下障害は、頭を軽く前かがみにして、身体を起こす角度を調節すると良い。


解説 
こんにゃく、水も、嚥下がしにくい食品とされます。


f:id:uuuta1122:20181114215731j:plain


ショ糖は二糖類だが、何となにが結合した糖類か?

 








単糖類は、
・ブドウ糖
・果糖(フルクトース)
・ガラクトース 

なので、このうちの2こが結合したものがショ糖になります。








回答 
ショ糖は、果糖とブドウ糖が結合している。

解説 
ショ糖は、砂糖の大部分の成分です。 
多糖類の、でんぷんやグリコーゲン(動物の肝臓にある)
は甘くありませんが、二糖類は甘いです。

n‐3系多価不飽和脂肪酸を述べよ。





全部で3個あります。








回答 
n-3系多価不飽和脂肪酸は
・a‐リノレン酸 
・エイコサペンタエン酸(EPA)
・ドコサヘキサエン酸(DHA) 

解説 
a‐リノレン酸は、しそ油や、えごま油などに多く、
EPA,DHAは、魚油に多くなっています。

ナトリウムの過剰摂取症状について述べよ。






ちなみに、ナトリウムの欠乏症は、
・疲労感
・筋肉のけいれん が挙げられます。









回答
ナトリウムの過剰摂取は、むくみにつながります。

解説 
長期的にナトリウムの過剰摂取が続いた場合は、生活習慣病リスクが上がるので、適量を心掛けましょう。



さて、今回も、保育士試験対策問題を10問出題しました。

子どもの食と栄養は、数字を覚えることがとても多い科目ですが、
私は、実際に2016年に試験を受けてみて、

ショ糖の種類とか
簡単な問題も比較的に出題されるイメージがあります。
ぜひ、数字の暗記だけに精一杯にならず、範囲をバランスよく勉強してみてください。

当ブログでは、毎年度、保育士試験の範囲に合っているかを確認しています。


www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。