にんふるほいくふる

内容が多いので、カテゴリを下から選んでご覧ください。

KC-HD70シャープの除加湿空気清浄機をレビューします。電気代が安い!

KC-HD70を購して1年が経ったので、レビューしたいと思います。

梅雨時の除湿、冬の加湿と我が家では大活躍していますしテレビの隣においても問題がないほどに、音が静かです。
f:id:uuuta1122:20181125135625j:plain

KC-HD70を使用した感想、最高レベルの除湿加湿空気清浄機

空気の除湿も加湿もできて、プラズマクラスターも装備している高機能な機種です。

値段も3万以上するので、かなり高額な部類に入りますが、機能には見合った金額。

除湿と加湿、別々に買うほうが安い。確かにそうですが、

このKC-HD70は、

このおすすめボタンを押すと、空気清浄をしながら、加湿、除湿の機能を使い分けて、勝手に、部屋の環境が最適になるように調整してくれるのです。

f:id:uuuta1122:20181125140119j:plain

これは、除湿も加湿も両方できるからこそできる機能になります。

なので、ペットや、小さいお子さんがいる家庭では大活躍するのではないでしょうか?

私の家でも、これは毎日家にいる時間は、だいたいいつも付けっぱなしです。

メリットは、除湿と加湿が1台でできることと、操作が簡単なこと。

メリットは、やはり除湿と加湿の両方が可能で、一度おまかせに設定すれば、

そのあとつ付けている間はずっと、快適な環境に保ってくれることです。

おまかせワンボタンを押すだけで、お部屋の空気の汚れやニオイ、湿度、温度、明るさに応じて、除湿/加湿/空気清浄を自動でコントロールし、お部屋を快適な空気環境にします。

特長 | KC-HD70 | 加湿空気清浄機/空気清浄機:シャープ

この機能は特に、エアコンとの併用がおすすめです。

暖房をかけていても、状況に合わせて加湿してくれます。

デメリットは、とにかく重いこと。持ち運びには適さない。


デメリットは、高額なこともありますが、
とにかく重いことです。

水が入っていない状態でも重いです。

なんせ、17キロあります。


ちなみに、我が家では、重すぎて床を傷つける気がしたので、クッションを敷いています。


f:id:uuuta1122:20181125140214j:plain

スポンサー広告



空気清浄機能への感想。色で現在の空気の様子を伝えてくれる。

空気洗浄機能への感想です。

電源をつけると、すぐに現在の湿度と現在の空気の状態を色で示してくれます。

ちなみに、この緑色は良い状態です。

f:id:uuuta1122:20181125140248j:plain


これの緑色が、リビングに鍋を持っていくと、すぐに赤色に変わって空気洗浄機能を強にするので、侮れません。

20分経たないうちに、緑になります。

プラズマクラスター機能付き

プラズマクラスターと言えば、シャープです。

プラズマクラスターとは、プラズマクラスターイオンによって空気を清浄するシャープが商標登録を行った機能。

効果としては、
・タバコの脱臭
・細菌の不活化
・アレルゲンの低減
・浮遊ウィルスの削減

我が家は一軒家なので、シャープの空気清浄器は3台保有しています。

除湿機能への感想。静かな音でしっかり除湿。貯水タンクも大きいことが◎

除湿機能の特徴は、とにかく音が静かなことです。

我が家はテレビの横に置いていますが、全く気になりません。

よく、ズコーというような騒音のする除湿機があるので、音の問題は大丈夫。付けながら寝れます。

除湿の貯水タンクも大きめ。
一日くらいなら排水の必要もありません。

f:id:uuuta1122:20181125140353j:plain


もちろん、加湿の貯水タンクと、除湿のタンクは別々です。



スポンサー広告



プラズマクラスター機能を使いながら乾燥してくれるので部屋干しの匂いなし。

さて衣類の消臭機能も装備しています。

プラズマクラスターで部屋干し衣類の生乾き臭を抑え、静電HEPAフィルターを通した大風量のキレイな風ですばやく乾燥させます。

「衣類乾燥モード」ではルーバーが自動で前向きに回転し、上下最大110°スイングすることで、天井方向から前方まで広範囲に送風し、本体を動かすことなく洗濯物を乾燥させることができます。

また、一定の温度まで下がると、「衣類乾燥モード」以前の運転に自動的に戻ります。他にも、「衣類消臭モード」では衣類の汗臭を消臭することができます。


特長 | KC-HD70 | 加湿空気清浄機/空気清浄機:シャープ

しかし、送風で部屋干しの衣類を乾かすには少々パワー不足なので向いていません。

ただ、エアコンで部屋干ししている場合は、消臭機能が活躍してくれます

加湿機能の感想。やさしく澄んだ空気でゆっくり加湿してくれる。エアコンと併用が良い。

加湿機能は、白い煙がもこもこ沸くような加湿ではありません。
ゆるやかに加湿してくれます。

空気清浄機能があるので、エアコンとの併用が向いていると思います。


f:id:uuuta1122:20181125140610j:plain


加湿の水を入れるタンクがとても大きいので、1日持ちます。

ゆっくり加湿してくれるので、希望の湿度まで1時間ほどかかる。

ただ、この加湿機能。
30分で湿度を5%上げるような感じでスピード感はありません。

電気代が安いので、付けっぱなしにしておけば問題ありませんが(タイマーあり)

自動ボタンを押すと、部屋の湿度を最適にしながら、空気清浄してくれる。

KC-HD70の長所は、

除湿と加湿が両方できることです。

ですので、おまかせにしておくと、常に、部屋の湿度が70%程度になるように機械が作動してくれます。

タイマーもあるし、チャイルドロック機能もあるので、加湿器から目を離していても大丈夫です。

置き場所がでかい。部屋のスペースを占領する。

ただ、置く場所がでかいです。

テレビの半分くらいの大きさがあります。

また、案外奥行が大きく。隣のテレビラックよりも、出っ張ってしまいました。

なので、部屋のインテリアと合わせて考えてみることがおすすめです。



電気代が安い。

アマゾンのページから引用しますが、KC-HD70は電気代が非常に安いです。

24時間付けっぱなしで自動に設定していても、一日30円かかりません。

エアコンで加湿機能を備えたものが時々ありますが、

エアコンの加湿機能が非常に効率が悪いので、この除加湿空気清浄器との併用は、結果的にコストパフォーマンスを良くさせてくれます。

www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。