にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

眼鏡をかけた見た目のメリットとデメリットまとめました。

眼鏡愛用歴10年を超える私が、

【眼鏡をかける見た目重視】で

眼鏡をかけることのメリットとデメリットについて、この記事にまとめてみました。

f:id:uuuta1122:20181106120905p:plain

メガネはださくない。

さて、私は保育士をしていますが、

いまだに、メガネをかけている子に、

メガネー

などと、からかう様子をよく見ては、

先生(私)もメガネやけど?

と応戦しつつ、止めています笑



メガネってかけてる人が少ないので

確かに、みんなと違いますが、


メガネをかけていることは、全然ださくないんです。


私は、 コンタクトレンズよりも、メガネのほうが好きで、
私と旦那で、眼鏡を合計8本持っています。


ファッションメガネの到来

メガネは目が悪い人だけがかける物。

でしたが、

・プラスチックや木製フレームの登場

・格安メガネブランドの登場

により、

メガネは、
・オシャレで、
・一人一つ、ではなくTPOでかけかえられる物。

に変化してきています。


そして、
雑誌のモデルさんが、メガネをかけてスナップを撮ることも非常に増えました。

ファッションメガネ時代の到来です。


度なしレンズを使用する人も増えてきた。

さて、

メガネをかけると、
小顔効果が得られることや、

メガネをかけることが、いつもとのギャップになることから、

目が悪くないのに、メガネをかける人も増えてきています。


度なしメガネは、300円くらいでも、
デザイン性の高いものがたくさん販売されています。

ブルーライトカットメガネの登場がメガネブームを呼んだ

しかしながら、なんといっても、

メガネブームの火付け役は、


ブルーライトカットメガネの登場でしょう。


・スマホ
・パソコン
・タブレット

現代人は、常に、目がブルーライトに晒されている。

と言っても、過言ではありません。


そこで、ブルーライトを99%カットとうたったメガネの登場により、

視力が良い人も、
当たり前のようにメガネをつける時代になりました。

ブルーライトカットメガネの多くが5000円前後で販売されるなど、

手に取りやすい価格
であることも、重要な理由だったでしょう。




スポンサー広告



メガネをかけた見た目のメリット

メガネをかけることで、
顔の印象が良い方向に変わる場合があります。

・フレーム付きのメガネで、小顔効果が狙える

・多少のアイメイクのサボりはバレない。

・メガネをかけると、なんとなく偏差値が上がる←

・丸レンズのメガネなど、ファッションの小物にすることができる



f:id:uuuta1122:20181106120150j:plain

私物のメガネです。

べっこう柄で、
フレームがあっても、顔の印象を柔らかく見せてくれます。




f:id:uuuta1122:20181106120249j:plain

黒のフレームのメガネは、

見た目の印象がクールになります。


メガネはダサい? デメリット

メガネをかけるデメリットもあります。

・濃いメイクが似合いにくくなる。

鼻あてでメイクが崩れる

・若干、地味になる。

・黒縁メガネに、可愛い服。など、服のテイストに合わない場合が出てくる。


スポンサー広告



コンタクトより、メガネが良いポイント

私はコンタクトレンズも持っていますが、月に1度ほどしか使用していません。


コンタクトレンズよりも、メガネが良いポイントを述べていきます。

・メガネのほうが長期的にみて安く上がる

・眼科の先生がコンタクトより眼鏡を勧めている

・メガネのほうが、目が疲れにくい

・コンタクトによるトラブルのリスクがない。

・メガネのほうが、現在の度数を維持しやすい。

・コンタクトの付け外し、洗浄が面倒だ

コンタクトのほうが良いところ。


しかし、コンタクトのほうが良いポイントもあります。


・自分の見た目に影響がない。

・持ち運びも簡単

・写真なども写りが良い。

・度入りのカラーコンタクトもある。



おわりに。

さて、今回は、
メガネをかけることのメリットと、デメリットについて、

見た目重視で書いてみました。

www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com



メガネはいろんな種類があるので、
TPOで分けて使うことがオススメです。


当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。