にんふるほいくふる

内容が多いので、カテゴリを下から選んでご覧ください。

【日産記者会見・質疑応答】カルロス・ゴーン氏逮捕、金融商品取引法違反への西川CEOによる記者会見について。

日産の西川廣人が2018年11月19日22時より、記者会見を行った内容をまとめました。

f:id:uuuta1122:20181119230411j:plain


記者会見で分かった。逮捕はカルロス・ゴーンだけではない、グレッグケリー代表も首謀者であり逮捕された。

記者会見は、副社長や弁護士も置かずに、西川CEOだけで行われました。

記者会見の開始から約5分。

簡単な挨拶を済ますと、すぐに西川CEOは驚くべき発言をしました。

今回の逮捕者は、カルロス・ゴーン会長だけではなかったのです。


もう1人の逮捕者はグレッグケリー。

グレッグケリー代表取締役が本件の首謀者とされています。

今回の件の概要については、この記事にまとめました。
www.fullhoikutoninkatu.com

速報!日産の株価が翌日20日に売りが殺到して下落! 値段が付かない状態へ!

2018年11月20日9時、

日産の株価は売りが殺到し、値段が付かない状態になりました。

19日の15時時点の東京証券取引所での株価は1005円でしたが、

前日の夜間取引では、一時940円まで下落しています。


この件はこの記事にまとめました。
www.fullhoikutoninkatu.com


フランスでルノーの株価が急落。

この日本のニュースはすぐに、アメリカのロイター通信を始めとした各国の報道機関で、

速報として取り扱われたそうです。

これはyahooニュースの情報ですが、

フランスのルノー株は逮捕速報が出てすぐに、
5%、株価が急落したそうです。

なぜ、ルノーの株が下がったか。というと、ルノーと日産自動車が提携を結んでいることに理由があります。

フランスの大統領は、
ルノーと日産の提携については注意して見守ると、11月19日、

つまり速報が出た当日に発表しています。

仏大統領「ルノーと日産の提携 注意深く見守る」 | NHKニュース


つまり
日本でも、日産の株価が下がるという、この余波は避けられないでしょう。



スポンサー広告



日産内の複数の人物が金融商品取引法違反に当たる、報酬の虚偽報告に関与しているわけではなかった。

西川最高責任者(CEO)によると、

今回の件は

・カルロス・ゴーン会長

・グレッグケリー代表取締役

が首謀者であり、逮捕に至ったとのこと。

会社としては把握しておらず、

警察からの事情を聞き、

まだ従業員も情報が少なく、大変な状況にある。

とのことでした。


金融商品取引法違反に、
誰が
どこまで

関わっているかが大きな問題だったので、ここは少し安心しました。

日産自動車としての、今回のカルロス・ゴーン氏の騒動への対応姿勢は警察に全面協力

西川CEOは、今回の件に関して、

・カルロス・ゴーン会長

・グレッグケリー代表取締役

による、

本人指導の重大な不正行為と発言しました。


日産自動車の今後の対応としては、

会社として、
今回の2人の行動は、到底容認することは出来ないし、(許せないという意味)


専門家からは、本件が、2人の解任の理由に相当するという助言があったようで


今後、西川CEOが早急に、

取締役会を招集し、2人の解任への正式な手続きを行う

と発言しました。



スポンサー広告



西川CEOの発言。今回の金融商品取引法違反には、大きな憤りを感じている。

西川CEOは、その後

・警察による日産自動車本社の家宅捜索には全面協力すること。

・今回の件については、警察の操作中のため、まだまだ騒動の詳しいことについては発言が出来ないこと。

・株主、お客様への謝罪

・提携店、日本以外を含む世界の事業展開に関わった皆様に謝罪

を行いました。


その上で、今回の、

カルロス・ゴーン氏

ならびに、

グレッグケリー氏の

報酬の過小報告による金融商品取引法違反は、

西川CEOにとっては、

残念というよりも、むしろ憤りを感じる。

と発言しました。


www.fullhoikutoninkatu.com


"スポンサー広告



取締役会はいつ開くか?内部告発での事件発覚であったが、関わったのは誰か? 共同通信社による質問

質疑応答にうつりました。
共同通信社による質問です。

・取締役会を開く日時は?

→22日を予定。
(速報が19日なので3日後)


・内部告発により発覚したが、内部告発に関わったのは何人か?

→社長(西川CEO)を含む数名程度
(つまり、かなり上の人物しか、この件を知らなかったと予測できる。)

50億円の過小報告の行方は? いつ頃からの不正だったか?

質問
・50億円の報酬の過小報告の行方は?

→捜査中なので、答えられない。

質問
・不正はいつから行われていたか?

→捜査中なので答えられないが、いつか明らかになる。

取締役員の気持ちや動向は? TBSによる質問 なぜ、金融商品取引法違反で逮捕だったのか?


質問
取締役員による気持ちや動向はどうか?

→ 取締役員も、ついいま知ったこと。取締役会は22日に行う

質問
なぜ、金融商品取引法違反での逮捕だった?

→捜査中なので。

"スポンサー広告



逮捕はいつ起きたか? 長期政権による弊害は考えられたか? 司法取引になっていたのか? 朝日新聞の質問

質問。
逮捕はいつ起きたか?

→ 成田空港に到着したあとと思われる。


質問
カルロス・ゴーン氏による長期のイメージはどうだったか?
(カルロス・ゴーン氏は1999年から日産に関わっています)

→だんだんと現場から離れていたのは事実だった。

(三菱自動車の会長も務めていることも関係か?)


質問
司法取引であったのか?

→捜査中のため、答えることが出来ない。


グレッグケリー氏の業務の内容は? 代表取締役である。 東洋経済による質問

質問

グレッグケリー氏(代表取締役)の業務の内容は?

→ 業務の内容については後日伝えるが、グレッグケリーは日産に長期で務めている。




それにしても、質疑応答への西川CEOの回答は、スムーズです。

捜査中で答えられない発言も多いですが、答えられることはハッキリとスピーディに回答されています。

会見が始まって1時間。質疑応答に相当な時間がさかれています。

グレッグケリー氏か、ゴーン氏どちらがより首謀者だったのか? 内部告発の際には、西川社長側からゴーン氏に質問などは行ったのか? 東京新聞


質問

グレッグケリー氏か、カルロス・ゴーン氏、どちらが首謀で、どちらが、片方に指示していたのか?

→捜査中なので答えられない。




スポンサー広告


質問
内部告発に至るまでに、西川社長などから、カルロス・ゴーン氏達に調査や質問は直接行ったのか?

→ 2人が首謀であることは掴んだが、直接的に話をしてはいない。

当面のルノーと、日産の提携している方向性はどうなるのか?

質問。
フランスのルノーと日産は提携を結んでいるが、これはこの先、どう考えているのか?

(フランスのルノー株が、この騒動で5%下落している。)

→ルノーと協議を行って決定していく。
カルロス・ゴーン氏が、日産とルノーの提携で会長を行っていることに、いまのところ変化はない。

(日産はカルロス・ゴーン氏を会長から解任する方向性を発表しているが、とくにルノーからのコメントが得られていないようです。)

これからの日産の動向はどうするのか? 今回の事案のカルロス・ゴーン氏の動機は得られているのか?

質問
これからの日産の方向性はどう考えているか?人事的にはどう動くか?

→22日の取締役会で相談するので、まだ答えられない。


質問
カルロス・ゴーン氏やグレッグケリー氏の報酬過小報告についての動機は聞いたか?

→ 調査中で答えられない。




記者会見は、質疑応答終了とともに終わりました。

三菱自動車はどうするの?カルロス・ゴーン氏が会長に就いている。

さて、カルロス・ゴーン氏の会長を解任する方向性を日産は発表しましたが、

同じく、カルロス・ゴーン氏が会長を務めている三菱自動車は、まだ発言を行っていません。


確かに、今回の過小報告による金融商品取引法違反の逮捕は日産自動車で

カルロス・ゴーン氏と、グレッグケリー氏が行ったものですが、

三菱自動車も、無害で蚊帳の外、というわけにはいかないでしょう。


本人が逮捕されているので。



三菱自動車の広報担当者は、
同日の19日に、カルロス・ゴーン氏の今後の対応については、まだ分からない。と回答しています。
リダイレクトの警告

www.fullhoikutoninkatu.com

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。