にんふるほいくふる

内容が多いので、カテゴリを下から選んでご覧ください。

縦型洗濯機、全自動洗濯機、ドラム式洗濯機、二層式洗濯機の違いとメリットをまとめました。

縦型洗濯機、全自動洗濯機、ドラム式洗濯機、二層式洗濯機、それぞれの違いと、メリットとデメリットについてまとめました。


f:id:uuuta1122:20181118154729j:plain

縦型洗濯機を説明。乾燥機能が付いて洗浄力も強い。

縦型の洗濯機は、強い洗浄力と、乾燥機能も付いた洗濯機です。

乾燥機能ですが、
ハイパワーな割に、縦型なので、一度にたくさんを乾燥することはできないことが困りどころ。

一気に洗っても、乾燥は半分ずつ、なんてしょっちゅうなので、

洗濯機には、洗浄と乾燥

と考えている方なら、迷わず、ドラム式をえらぶことが無難。

値段はやや高め。

縦型洗濯機のメリット やはり洗浄力が強いこと。

・たくさんの水でしっかりと洗剤を泡立てて使えるから、洗浄力が高い

・ドラム式よりも安い

・出すときに屈む必要がない。(屈みながら、重い洗濯物を持つことって、案外大変)

縦型洗濯機のデメリット 乾燥にかかる電力が高い

・洗浄力が強すぎる。(繊細な服には申し訳ない)

・乾燥の機能が弱く、乾燥効率が弱いので、電力の消費が大きくなる。

・一度に乾燥できる量は少ない



スポンサー広告



ドラム式洗濯機の説明。節水効率、乾燥効率はNO1.

ドラム式洗濯機は、乾燥能力が高い。

とくに、最近では90分などのごく短時間で乾燥をする機種も登場してきたので、

働き盛りの世帯などにはばっちり。

ただ、洗浄力は縦型や全自動には劣るので、
作業着などの場合には、よく考えよう

また、洗濯機の価格も他に比べてやや高額
20万台も普通に登場します。

ドラム式のメリット 乾燥できる量や能力が高い。

・節水効率が高い

・横向きなので、乾燥の効率が良く、仕事が忙しい人にはベスト

ドラム式のデメリット 他に比べて高い

・洗浄がやや弱い。

・底面積が大きくなりがち。

・前開きなのでワンルームの場合は、計測をしっかりしないと廊下がふさがることも。

・金額が圧倒的に高いわりに、寿命が6年

全自動洗濯機の説明。シンプルならではのコスパとハイパワー

全自動洗濯機は、
洗う、すすぐ、脱水のシンプルな機能にしぼった洗濯機。

ときどき乾燥機能が付いているものもあるが、

エアコンの送風のような風を送る感じなので、部屋干しのほうが断然にマシ。


毎日洗濯して、洗濯物を干せる環境があるならば、全自動洗濯機はおすすめ。

価格も比較的低価格で、7キロだと5万台、10キロでも10万前後で購入可能。

日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 10kg シャンパン BW-V100B N

日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 10kg シャンパン BW-V100B N

全自動洗濯機のメリット 洗浄に特化している

・乾燥機能が不要ならば、コスパが高い

・洗濯機の寿命が長い。(縦型・ドラムは6年。全自動は7年)

・洗浄力は縦型と同等。

全自動のデメリット この時代でも、乾燥は一切期待しないほうが良い。

・乾燥機能は、エアコンの送風機能のようなものなので、一切期待するべきではない。

・機能がシンプル

"スポンサー広告



二層式洗濯機の説明。時代遅れ?昭和の香り? 高機能低価格が売り。

アラサーの私でも、二層式洗濯機は見たこともありません。

二層式洗濯機は1960年ごろに一般家庭に普及を始めて、1970年ごろには多くの家庭に置かれましたが、

1980年代、バブルのころには、全自動洗濯機にとって代わられたようです。

洗濯機の寿命は約6年。順当な変化とはいえ、1960年代は3種の神器とも呼ばれた代物なのですが。


いまも、二層式洗濯機は販売されています。

これは、日立の青空です。

日立 5.5kg 2槽式洗濯機 ホワイトHITACHI 青空 PS-55AS2-W

日立 5.5kg 2槽式洗濯機 ホワイトHITACHI 青空 PS-55AS2-W

洗濯容量4.5kgで、3万なので、中価格帯と言えますが、
二層式洗濯機の魅力は洗浄力の高さにあります。

二層式洗濯機のメリット

・洗浄力が高い

・レトロな雰囲気が良い

・洗いと脱水の洗濯槽が違うので、並行して使用ができる。

・一応家電量販店でちゃんと販売されてる。

二層式洗濯機のデメリット

・やっぱり時代おくれ?

・乾燥機能はない。

・種類が少ない

それぞれの特徴を簡単にまとめて、機能を比較してみた。

縦型洗濯機は、乾燥もできて、洗浄力が高い優れもの

ドラム式洗濯機は、乾燥機能を重視したい方にお勧め。

全自動は乾燥は無しで良い、コスパと洗浄力重視の方におすすめ

二層式洗濯機は、こだわりのある人におすすめ

縦型洗濯機と、ドラム式洗濯機が、いまの家電量販店の主流になっています。

洗濯機の寿命

縦型洗濯機 6年
ドラム式洗濯機 6年
全自動洗濯機7年
二層式洗濯機 データなし


洗濯機、高いものだからこそ、
安い時期に購入したいですね。


1人暮らしの洗濯機から、2人ようのサイズに買い替えるために、洗濯機の置き場所、搬入経路から、購入できる洗濯機のサイズを検討した記事です。

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。