にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

【Googleアドセンス】文字だけのリンク広告をスマホで作成する方法

文字だけの4つのボタンがくっついたような広告。それをリンク広告と言います。

今回は、
・スマホから作成するリンク広告の作り方。

・かつ、カラーデザインを変更するときの方法について説明します。
f:id:uuuta1122:20181101105139p:plain

スマホでリンク広告の作り方


もし、まだGoogleアドセンス申請中、申請前の方がいらっしゃったら、
こちらの記事もぜひどうぞ。

www.fullhoikutoninkatu.com


さて、ではスマホでリンク広告を作る手順をまとめていきます。


リンク広告をスマホから作成します。

まずは、グーグルアドセンスに入って、

広告ユニット作成に入ります。



f:id:uuuta1122:20181101104124j:plain


テキストとディスプレイ広告を選択します。


広告サイズで、リンク広告を選択します。
レスポンシブリンクを選択してください。



f:id:uuuta1122:20181101104303j:plain



さて、このまま保存してコードを取得しても良いのですが、せっかくならば、カラーを変更しましょう。


カラーを変更しよう。

テキスト広告のスタイルを選択。



f:id:uuuta1122:20181101104349j:plain



ここで自由にカラーを変更してください。

おすすめは、背景色と文字色を変更することです。


私もピンクっぽく変更しました。



f:id:uuuta1122:20181101104426j:plain
(いまはグレーをよく使ってます。)


カラーを変更して、
保存して、コードを取得すれば完成です。

サイトにはってみてください。

私のこの記事にも、タイトル下に貼ってあります。



スポンサー広告



リンク広告は、反映が遅い?

私は、画像が出るディスプレイ広告も貼っていますが、

画像の広告は、記事公開と同時に広告として表示されますが、

リンク広告は、記事を公開してからも
1時間~4時間ほど反映にかかったときがあります。


記事の内容に沿うような広告が少ない場合、リンク広告の反映が遅くなる可能性があります。


リンク広告は容量が重くないし、ミスクリックがないので、スマホにぴったり。

リンク広告には、メリットがあります。

・画像の広告と異なり、重たくない。

・怖い画像などがでない。

・小さいので、サイト訪問者に嫌悪感を与えづらい。

・2段階式クリックなので、ミスクリックが防げる。


ディスプレイ広告の場合は、スマホをスクロールしているときなどに、ついついミスクリックすることもありますが

リンク広告の場合、1回目のクリックによる効果はないので、ミスクリックを防止することが出来ます。

全部リンク広告にしてもいいの?

さて、記事の広告の種類をリンク広告だけにすることに対しては、
ペナルティは特にありません。


また、グーグルも、一つの記事に貼れる広告の数については、
その記事、そのサイトのコンテンツの量に対応すると述べています。


ですので、適切な量ならば問題ないのですが・・・


一つの記事に、リンク広告ばっかりあっても、あまり意味がないように感じます。


私の場合は、記事の画像がタイトル画像しかないことがよくあるので、

記事は文字の羅列ばかりです。

画像入りの広告は、目の休憩を兼ねて、入れている面もあります。

リンク広告はブロガーに人気

リンク広告、比較的、ブログをしている人には人気です。

閲覧者に圧迫感を与えないのが良いみたいです。

確かに、私は、
画面の上や、下にバーで固定されてスクロールしてもずっとついてくる
オーバーレイ広告が嫌いですし、

サイトをクリックしたら、
内容より前に表示される、ポップアップ広告なんで
それが出ただけで、そのサイトは閉じます。

それに、広告が多いと、サイトがすごく重たいんですよね
私は格安スマホなので、困ります。


このように、

広告もいろいろありますが、閲覧者に迷惑を与えない程度を探ることが、一番大切だと思います。

おわりに

今回の記事では、リンク広告の作成の仕方について説明しました。

さて、私は、はてなブログなので、
はてなブログに広告をスマホから入れる方法については、こちらの記事をご覧ください。

~スポンサー広告~


www.fullhoikutoninkatu.com
www.fullhoikutoninkatu.com

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。