採卵の流れの体験談。麻酔なしで鎮痛剤鎮静剤の点滴をしたら無痛でした

3月に初採卵をしたので私の体験談になります。クロミッドとHMG注射の刺激で、卵子が4つ取れました

麻酔はしないクリニックですが、鎮痛剤と鎮静剤を点滴で入れてくれた結果・・・

採卵のときの記憶がほとんどないくらいに寝ることになりました(*´﹃`*)

採卵の流れ 手術室はいつもの内診台に似ていた

手術室に入ると、いつもの内診台と同じようなのがありました。

看護師さんに言われて、下はぜんぶ脱いで椅子に座ると、椅子が回って先生のほうに向きます。

服は普段の内診のときはグチャっと脱いでますが、

今回は採卵後に看護師さんが見るかもってことを考えて、畳んで脱ぎました笑

先生が腕に黄色い点滴を刺してくれます。

痛いハリじゃないです。普通の点滴みたいな針でした。

いよいよ採卵や・・・!

と思って、先生に

「採卵怖いです!」

と訴えましたが、

「大丈夫です。」

と点滴がぶっ刺されました・・・

スポンサー広告



点滴に抗生剤、鎮痛剤、鎮静剤、止血剤か入っている。酸素マスクとかはなし。


真っ黄色の点滴の中身は事前に説明を受けていました

点滴の中身は(うちのクリニックの場合)
鎮静剤
抗生物質
止血剤
鎮痛剤

麻酔ではないですが、眠くなる成分らしく、採卵のときに爆睡する人もいる。と説明を受けていました。

で、その黄色い点滴・・・

点滴って普通はポトポトと落ちるのに、水道のごとく、ジャーーーっと流れてるのを見てドン引きしました((((;゚Д゚))))

けど、腕がしんどいとか、身体に異変とかは全く感じません。

眠る感じの鎮静剤ってことで、自発呼吸とかには一切関係がないので、心電図モニターや酸素マスクとかは装着しません。

採卵の鎮静剤。麻酔ではない。痛いって言った記憶もあるけど気付いたら寝てる感じだった

で、点滴がめっちゃ早く流れてることにドン引きしてると、

いつの間にか、股をカチャカチャされてる気がして

痛くないんですが、

「痛い 痛い 」

と言った記憶はあるんですが、全然覚えてません。

で、気がついたら、椅子の位置が着替えの方向に戻ってました。


身体はどこも痛くなくて、お腹は無痛。変な感じもしません。

スポンサー広告



立てない。フラフラする。鎮静剤が抜けない

さて、採卵が無痛で終わったことが嬉しいんですが、

めちゃくちゃ眠たいです。

眠たいっていうか、昨日は8時間も寝ていました。寝不足じゃないのに身体が勝手に寝るんです。

で、パンツを履こうとしてもフラフラフラ。

看護師さんが、パンツや服を着させてくれました。

で、パンツには生理用のナプキンも付けてくれていました。

あとは真横の病室に戻るだけ。

なのですが、足元もおぼつかず、身体がグラグラ。

歩いてるはずなのに、寝てます

鎮静剤が抜けずにその後はずっと爆睡することになる。痛くはない


結局、看護師さんも驚くほど、安静剤が全然抜けずに、そのあとはずーーーっと寝ることになりました。

自分で水も飲めないくらいに身体がグラグラになっています。

看護師さんが、旦那に、鎮静剤が抜けにくい体質のようだ。と説明しているのを聞きました

水を飲むのも、トイレに行くのも、ぜんぶ旦那の補助が必要になっていました。

けど、採卵後やのに、お腹の痛みとかは一切なく。

安静剤が効くままに、ずっと寝続けることになりました。

私の採卵の卵巣刺激はクロミッドとHMGだった。

私の採卵の刺激法は、クロミッドとHMG注射をもちいたものでした。

俗に言う、低刺激よりの中刺激です。

刺激法と、かかった金額については、この記事にまとめました。

www.fullhoikutoninkatu.com


無断引用・転載厳禁 copyright©2018-2019 にんfull