にんfull

内容が多いので、カテゴリを下から選んでご覧ください。

2018-2019年のTPPで安くなる食品をまとめました!チーズや牛肉、ぶどうまで関税が撤廃される?!

2018-2019年のTPPはで安くなる食品についてまとめました!

チーズや牛肉はもちろん、ぶどうなどのフルーツまで安くなりますよ!

f:id:uuuta1122:20181230183654j:plain

TPPとは何か? 環太平洋パートナーシップ協定の意味

TPPは環太平洋戦略的経済連携協定のことで、環太平洋パートナーシップ協定と言われいます。

2018年の12月30日、年末にひっそりと午前0時に開始されました。

貿易の活発化のために、加盟国の関税を下げたりする目的がある協定であり、

名前のとおり、加盟国は太平洋を囲むように存在しています。

TPPの加盟国は? オーストラリアやカナダ、アジア圏

TPPの加盟国は、

日本
アジア圏の
マレーシア
シンガポール

オセアニアの
ニュージーランド
オーストラリアなど

北米の
カナダ
メキシコ

南米の
チリ
ペルー

などが加盟しており、8億人の人口を有している巨大協定になります。

アメリカがTPPに加盟していない理由は、トランプ大統領の署名

当初はアメリカも加入する予定だったTPPですが、

トランプ大統領が、

【今後、アメリカは永久にTPPには加入しない。】

という大統領署名を書いたので、アメリカはTPPに加盟しないことになりました。

アメリカは、議員などの賛同なく、大統領権限で行えることが多いので、

トランプ大統領の影響がここにも出たことになりますね。

トランプ大統領は、アメリカの経済王なので、アメリカ自国の消費活動を促すためにも、TPPを離脱したわけです。



スポンサー広告



2018-2019年のTPPにより安くなる食品

2018年12月30日からはじまったTPP環太平洋パートナーシップ協定によって、

食材の関税が引き下げ、または撤廃されています。

・牛肉
・フルーツ
・チーズ
・お酒

など、様々な食品の値下げがはじまっています。

TPPで牛肉などが安くなるのはいつから?

TPPでの関税引き下げは、段階的に行われることになっています。

2018年12月30日から、オーストラリアなどからのフルーツの関税は一部、完全撤廃されました。


牛肉や、チーズは15年ほどをかけて、関税の大幅引き下げ、または関税撤廃が行われます。

牛肉の輸入関税はどれくらい安くなる? 20%から9%になる。

牛肉の輸入関税については、現在の20%程度から、15年かけて、9%まで引き下げられます。

現在、100g250円で売っている牛肉ならば、220円程度で購入できることになるでしょう。

イオンなどのスーパーも対応を進めています。

スポンサー広告



チーズは15年かけて現在の30%近い輸入関税が完全撤廃される。

チーズについては、現在、輸入関税が30%近くかけられていますが、

これが15年かけて、完全に撤廃されます。

なので、輸入のチーズは、段階的にすっごく安くなりますね。

レストランなどの外食産業も、これを受けて安くしてもらえると、我々もさらに嬉しいですね!

日本から加盟国への輸出面でのメリットはあるの?

たとえば、メキシコへの日本酒の輸出には20%の関税がかけられていましたが、

これが今日から完全に撤廃されています。

関税は税金なので、企業にはいるお金への影響はありません。

ですので、これを機に、高級といわれる日本ブランドの日本酒を、たくさんの方に飲んで頂けると嬉しいですよね。

TPPによる、日本からアジア圏の輸出関税緩和で、日本産業の進出チャンスが見えるか

日本酒や、和牛は、アジア圏においても、高級ブランドとされています。

日本からの海外輸出での関税が緩和、撤廃されることによって、アジア圏での日本の食品の価格が少しずつ下がります。

日本は現在、人口減少社会ですが、アジア圏の方で、日本の物を食べてくれる人が増えることによって、

日本の産業は、輸出の活路をさらに見出すことができ、新たな販路の発見にも繋がる可能性があるでしょう。




スポンサー広告


当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。