にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

潰瘍性大腸炎が入れるガン保険がアフラックにありました!

潰瘍性大腸炎でも、がん保険のアフラックに入れるなんて、すごく意外ですよね。

しかし、私の旦那は入れたので、その加入理由と、契約内容について書いていきます。
f:id:uuuta1122:20181104213411p:plain

主人の症状について

主人の保険に入ったときの状態については、この記事にまとめました。



簡単に言うと、


・当時28歳
・発症2年 
・入院歴なし
・月1回の通院と内服
・潰瘍性大腸炎以外の病気なし

アフラックの新 いきるためのがん保険DAYsに加入できた理由


アフラックのがん保険に入るための告知事項に、

入院歴のない潰瘍性大腸炎の患者は、当てはまらないことが理由です。


告知事項で潰瘍性大腸炎に関係あるところのみ説明しますが、

・がんにかかったことがない

・入院中でない(前後3か月含む)

・当該病名でない(これに潰瘍性大腸炎が含まれていません。)

・ガンの疑い、肝炎いがない。

・ガンやポリープの疑いが排除されていない消化系のびらん、潰瘍がない。

潰瘍性大腸炎であることが告知事項に影響しない

アフラックのがん保険。

驚いたことに、潰瘍性大あ腸炎であることを、告知事項に書く必要がありません。


実際に、保険の代理店の人と一緒に書類を書きましたし、

加入してから、アフラックに、
潰瘍性大腸炎で加入したけど、本当にOKなのか聞いたら、大丈夫でした。


潰瘍やびらんがある人は入れない、のは、

ガンやポリープの疑いが消せていない方だけで、

潰瘍、びらんが、

潰瘍性大腸炎によるものと分かれば、告知事項事態に当てはまらないそうです。


潰瘍性大腸炎で保険に入るのは、保険の代理人を通したほうが無難です。


アドバイスもしてもらえます。

病状をしっかり説明して、自分に合う保険を紹介してもらってください。




保険の補償内容・保険料

さて、ここからは旦那が入った 

アフラック 新・生きるためのガン保険DAYsの補償内容を述べます。


・28歳男性 制約事項なし

・保険料 年払い 29,220円 (年払いのほうが、若干安いです。)

・期間 終身


初めてのガンに、100万 

初めてのポリープに10万 

特約で、2年以上経った場合に再度申請できる保証を付けました。


ガン、ポリープの治療目的での入院 一日目~ 1万円 /日数制限なし

抗がん剤等の通院 1日につき1万 /日数制限なし

・ガン先進医療特約 最大2000万円分

補償内容のポイント

保険の相談の人に聞いたところ、

最近のガンは、通院が多いので、通院の補償が手厚い保険を選ぶべきとのことでした。


この保険は、保険料が安価な割に、通院も1万なので、良かったです。


潰瘍性大腸炎による制限がないので、

アフラックの保険に加入した以降で、大腸に病変が出来た場合にも、適応されます。


ちなみに、過去にガンと診断された方は、

アフラックのいきるためのガン保険 寄り添うDAYsに加入できる可能性があります。


潰瘍性大腸炎は、ふつうの人よりも、ポリープが発見される可能性が高いので、

ポリープにも対応してくれる、アフラックの保険は、
さすが、ガン専門というか、頼もしいです。


ガン専門相談サービス プレミアサポート が受けられる。


この保険では、
アフラックによる、ガン専門の訪問相談サービス 

専門医の紹介サービス

を受けることができます。

アフラック以外で加入できた保険

潰瘍性大腸炎と診断されてから、
2年で入院歴、手術歴のない段階で、
加入したほかの保険が2種類あります。

・生協 たすけあい v1000円 コース 
www.fullhoikutoninkatu.com



・メットライフ 新終身医療保険 フレキシイ
www.fullhoikutoninkatu.com



※ 生命保険では、潰瘍性大腸炎による制約が多かったので、加入しない選択をとりました。

保険に加入した詳しい流れについては、こちらの記事をご覧ください。
www.fullhoikutoninkatu.com

おわりに。

潰瘍性大腸炎と診断されてからで、
しかも内服もしているのに、保険に入れるだろうか。

ととても不安でしたが、
まさかアフラックのガン保険が、一般の人と同一条件で加入できたのは、本当に予想外だったので、助かりました。

潰瘍性大腸炎でも、他の部位に病変がおきる可能性もあるので、
この保険は入っておくと良いお守りになると思います。

おまけ

潰瘍性大腸炎ではない、嫁の私はまだガン保険に入っていません。医療保険だけです。


旦那が加入するときに、私もいっしょに入ろうかな、と思いましたが、

1年を経過しない循環器の手術歴があるため入ることができませんでした。

また1年を経過して、保険会社に行くと、
次は、その期間に子宮頚ガンの偽陽性になってしまっていたので、また入れませんでした。

保険は思い立ったら、すぐに動くべきだな。と実感しました。




スポンサー広告


当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。