にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

潰瘍性大腸炎でも入れる保険。実際に告知して入れた。【メットライフ編】

私の旦那は潰瘍性大腸炎と診断されてから、

潰瘍性大腸炎であることをちゃんと告知した上で保険に加入しました。

今回の記事では、加入できたメットライフの

新終身医療保険 フレキシイ

について記事にまとめます。

f:id:uuuta1122:20181104173510p:plain

旦那の保険加入検討当時の病状

28歳男性

・潰瘍性大腸炎歴2年

・手術歴 なし

・入院歴 なし

・毎月の通院。毎日の内服が潰瘍性大腸炎で必要

・ほかの既往歴はなし。


保険を相談できる、ほけんの窓口などに行こう

潰瘍性大腸炎が保険に入るには、

個人で書類を書くと、書き誤って告知義務違反になる可能性があります。

告知義務違反になると、

・保証が支払われない

・保険料の返還はなし。


ですので、
潰瘍性大腸炎の症状はちゃんと伝えて、
告知義務違反のリスクを無くす必要があります。

しかし、
ネットで、潰瘍性大腸炎の告知事項の書き方を調べても、なかなか出ません。泣


ということで、

ほけんの窓口や、保険本舗などの

保険の相談するところに行くと、


潰瘍性大腸炎の限度額の書類や、お薬手帳、

今の検査結果を担当者に説明することで、

潰瘍性大腸炎でも加入できる保険を教えてくれることはもちろん。

保険に加入するための書類や、記載方法についても、教えてくれます。

保険の書類には、薬の名前を書いたりするときもあるので、
ぜひ、個人での記入ではなく、窓口を通すことがおすすめです。



スポンサー広告



メットライフの新終身医療保険 フレキシイの告知義務内容

詳しくはあとで後述しますが、フレキシイのこの保険には、

特定疾患による部位不担保を設けて加入しています。

それでは、
告知事項についてみていきます。


・過去3か月以内の通院がある。
→ はい
症状と薬の名前等を記入しました。メットライフの告知書には、通っている病院名も記入する必要があります。


・5年以内に7日以上の入院がある。
→ なし

・別表の病名にかかっている 
→ 潰瘍性大腸炎 
潰瘍性大腸炎は別表病名ではないですが、特定部位の病変に当てはまります。


・健康診断での指摘あり 
→ なし
健康診断上はいつも健康です。


・時期を問わず、ガンになったことがある 
→ なし


・5年以内に妊娠・出産による入院、手術歴がある。 
→ なし


・現在妊娠中である。 
→ なし


特定疾患・特定部位による不担保とは、

潰瘍性大腸炎で、フレキシイに加入する上で以下の不担保条件がつきました。

潰瘍性大腸炎に対する、特定疾患ではありませんが、

特定部位として、
結腸・および直腸には、5年間の不担保期間。がつきました。



この意味は、5年間は結腸と直腸による支払は行わない。
とのことです。


ですので、もし、この期間に他の部位の病気にかかった場合は、補償がおります。



不担保期間に潰瘍性大腸炎で入院した場合について

旦那はこの不担保期間の間に実際、
潰瘍性大腸炎で入院しました。

もちろん、メットライフからの補償はおりることはないですが、

この5年の間に入院することは、告知すべきか、

メットライフさんに、実際に入院したことを伝えたうえで報告しました。

保険加入から、約半年後のことです。



返事としては、
この5年間の間に、不担保部位について入院等があっても
補償はできない、というだけで、

5年後の補償内容、保険内容に変更はない。

とのことでした


また、一度入院しても、
契約時点から5年なので、そこで期間がリセットされることもないそうです。

つまり、5年待てば、他の部位と同じように、保険の補償をもらうことが出来ます。

何もないことが一番ですが。

フレキシイの補償内容と、保険料について

年齢で変わるので、一例になります。

保険料 年払い
49,675円 

補償内容

 入院日額 1万円
 所定の入院手術 20万円
 所定の日帰り手術 5万円
放射線治療 1回のみ 10万円。
ドナー提供 1回のみ 10万円

特約
先進医療給付金 技術料と同額
一時金 5万

65歳まで保険料を支払って、補償は生涯の保険です。

この保険の良いところ

・潰瘍性大腸炎としての、不担保期間はあるが、5年後は通常通りの補償

・潰瘍性大腸炎はそもそも加入不可、保険料が上がる保険もあるが、保険料が同じ。

・大体月に5000円と安価

この保険のデメリット

・医療の保険やから当たり前ですが、ガン、ポリープ関係がいまいち

・不担保期間がつく。

・死亡給付金なし。

契約は、必ず保険の相談できる代理店をとおしてください。

このメットライフの保険の告知事項は、
・病名
・症状
・内服薬や治療内容

など、告知することが沢山あるうえで、加入することになります。

代理店をとおして、保険本舗や、ほけんの窓口など
保険の相談をできる人に、
自分の薬手帳などを見てもらいつつ、書き方の指導をしてもらうことが理想的です。

告知義務違反になる可能性は排除しましょう。

保険の相談の人には、仲介料などの、お金を払うことはありません。

おわりに。

潰瘍性大腸炎でも、メットライフの保険ならば加入することができました。

潰瘍性大腸炎は、いつ特定疾患から外されるかわからない。と言われているので、
保険に入ることが出来れば、安心です。

また、旦那は他の保険にも加入しています。

・生協 たすけあいV1000円

www.fullhoikutoninkatu.com

・アフラック 新・生きるためのガン保険 

www.fullhoikutoninkatu.com

保険に加入したときの詳しい流れについて
www.fullhoikutoninkatu.com



当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。