にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

【実体験】潰瘍性大腸炎になってから医療保険に入る方法

今回の記事では、
潰瘍性大腸炎の旦那が潰瘍性大腸炎と診断されてから、
保険に3つ加入した流れについて書きます。
f:id:uuuta1122:20181105083638p:plain

潰瘍性大腸炎の病歴

旦那は、まだ私と会う前の26歳のときに潰瘍性大腸炎の直腸型を発症。

幸い、ステロイドが有効だったようで、入院歴はありませんでした。

私と会ったのが、27歳のとき。

早々に主人が潰瘍性大腸炎ということを知りました。


翌年、結婚を考えたときに、彼が保険に一つも加入していないことを知って、

彼の両親に受取人になってもらう連絡をして、

旦那と潰瘍性大腸炎でも入れる保険を探すことになります。

保険に入ったときの潰瘍性大腸炎の症状の概要


・毎月通院

・毎日服薬

・手術歴なし

・入院歴なし

・28歳男性 

・潰瘍性大腸炎以外の既往歴なし


希望する医療保険の内容

・潰瘍性大腸炎以外にかかると怖いので、
とにかく入院日額保障が出る医療保険に加入したい。


・家を購入して団信を付ければ良いので、
生命保険については特に考えていない。
(苦戦しましたが、団信はいれました。また記事にします。)



スポンサー広告


保険探し開始まずは生協の助け合いV1000コースに加入

まず、生協には、

入院してなかったら誰でも入れる保険があることを知っていたので、生協の保険に入りました。

www.fullhoikutoninkatu.com


しかし、生協の保険は、月々の掛け金が1000円なのでありがたいですが、

入院保障は日額2000円なので、…少ないんですよね。

別の保険も加入することにします。


生協のたすけあいV1000に潰瘍性大腸炎で加入した流れの記事です。


楽観的に郵便局、都道府県民共済、農協をしらべた。

まず、楽観的にこの3つに出向き、
潰瘍性大腸炎でも入れる保険があるか。
を聞くと。


門前払いでした。


審査の用紙もだされずに、

潰瘍性大腸炎と言っただけで無理だったので、
入れる保険の種類は全くなかったようです。


郵便局も、農協も、保険料が無駄に高いことで有名なので、

そのぶん門は広いか。と期待しましたが、残念でした。

潰瘍性大腸炎でも入れる保険。ネットで調べてもなかなか出ない。

ネットで潰瘍性大腸炎の保険を調べても、なかなか情報が得られないことを知りました。


そこで、保険の窓口に行くことにしました。

(決して保険の窓口の宣伝ではありません。保険を相談できるところに行ってください。
)

保険の相談をして知ったこと。

保険の相談をすると、以下のことを教えてもらえました。

・潰瘍性大腸炎でも入れる保険は、ごく一部の保険しかないこと。

・入れても条件付きになる可能性が高いこと。


・条件付きとは、

 ・掛け金が一般より高いが、補償内容は同等

 ・掛け金は一般と同じだか、補償内容が薄い

 ・潰瘍性大腸炎による補償は出さない。

 ・契約から○年以内の潰瘍性大腸炎へは保障を出さない。

 ・入院歴が潰瘍性大腸炎であれば入れない。


これらを、一つ、もしくは複数の条件をつけた保険がほとんど。ということでした。


ちなみに、潰瘍性大腸炎の診断前に入った保険。

 潰瘍性大腸炎の診断前に入った保険については問題なく、補償が下りるそうです。旦那の場合は入ってませんでしたが。

保険加入の告知義務とは。

さて、保険本舗や、保険の窓口に、保険の相談をするときに、

 旦那は、病院での診察の内容などがわかる紙と(検査結果)

お薬手帳

潰瘍性大腸炎の限度額助成手帳を持参しています。

保険の契約をするときに、一つでも嘘があると、

保険料をいくら払っていても、保証金はおりません。

また、保険料は戻りません。


これは、告知義務違反がある。とみなされるからです。

告知義務違反による、払い込みがないことは、よくあるので気をつけましょう。

ほけんの相談のところに行くと、

潰瘍性大腸炎の病院の書類さえ持参すれば、
手続きはほとんど窓口がしてくれるので、

告知義務違反になるリスクが減るので、とてもよいです。

また、潰瘍性大腸炎は、
旦那の場合は、診断されるまでに1年の期間がかかりました。

このように、まだ診断が確定してない方でも、一度、保険を相談できるところに相談することが無難です。



スポンサー広告



潰瘍性大腸炎の旦那が入った保険

保険の相談の方から教えていただいて保険に入った結果

旦那は、

・生協 たすけあい V1000コース 年払い約1万
 (潰瘍性大腸炎による制限なし)




・アフラック がん保険
 新・いきるためのがん保険DAYs 終身・年払い 年3万

(手術・入院歴がなければ、驚くことに潰瘍性大腸炎でも一般と同条件で入れます。)
www.fullhoikutoninkatu.com



・メットライフ 新終身医療保険 フレキシイ 年払い 5万 
 (潰瘍性大腸炎による制限あり。5年間は潰瘍性大腸炎に対する補償なし)


www.fullhoikutoninkatu.com



以上の保険に加入しました。

旦那の加入の保険は、3つ合わせても年間9万円なので、
一般の家の亭主が入る保険としては、かなり安いほうになると思います。

生命保険は入らない

生命保険についても、保険の相談の方に相談しました。

いまの生命保険は20年ほど支払していたら、還付金のほうが多くて、貯金のような保険もあるものですが、


潰瘍性大腸炎についての生命保険は

・取扱いがない

・掛け金2倍 

・掛け金2倍はましなほうで、掛け金4倍 

・・・とかが普通で恐怖を感じたので、生命保険には一切加入していません。

まあ、生命保険はそんなに大切じゃないので、大丈夫です。

おわりに。

さて、潰瘍性大腸炎になってから、保険は入れるのか。

私たちはとても不安になりながらも、3つの保険に入ることができました。

ただ、告知義務をちゃんとするために、
自分たちで保険の契約をせず、
保険の相談の人を通すことが、無難だと思います。

保険の書類に、

内服の薬を書く欄や、

現在の具体的な症状を書く欄がありますが、

なかなか自分たちでは、
なにをどこまで書けばよいか、難しいです。

また、保険の相談の会社もいろいろあるので、合わないとおもったら、お店を変えてください。

保険の相談の人に私たちが払うお金はないので、
安心して、相談してみてください。

おまけ

潰瘍性大腸炎、いつ特定疾患がなくなるかわからない状況です。

そして、特定疾患でなくなっても、
しばらくは、保険が入りにくい状況はつづくと思います。

ですので、一日でも、病歴が浅いときの加入をおすすめします。

旦那は、保険加入当時は寛解期でしたが、

その後、仕事のストレスから、医療保険加入の半年後にさっそく入院しました。

入院後の保険加入だと、5年間など、そもそも保険に入れないところでした。


ちなみに、私は手術歴1年弱だったので、
雑談で相談員さんに、

たとえば、私がいま入れる保険はありますか。と聞くと。なし。でした。笑



当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。