にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

潰瘍性大腸炎と診断されてから入った医療保険内容と告知事項について【生協編】

潰瘍性大腸炎の旦那は、
潰瘍性大腸炎と診断されてから保険に入りました。

なので、この内容と告知事項をまとめます。

旦那は3つの保険に入っていますが、
今回の記事では、生協のたすけあいV1000について書きます。

f:id:uuuta1122:20181102223606p:plain

潰瘍性大腸炎の状態

・発症から2年

・入院歴なし

・月1回の通院、毎日の内服

・他の既往歴なし

・男性28歳(当時)

生協のたすけあいV1000は持病があっても加入できる。

生協のたすけあいV1000は、
持病があっても入るとこができるので、簡単に加入することができました。

V1000円コース|持病がある方の保障|加入をご検討の方|コープ共済


ちなみに、
潰瘍性大腸炎で、生協の保険で加入できるものは、これのみです。

保険料が月1000円ですが、

これも、月3000円のプランでは、潰瘍性大腸炎が加入できないので(毎日の服薬などの理由)

月1000円のプランしか加入できないから、
というところが大きな理由になります。

補償内容と保険料


・死亡・重度障害 10万円

・入院 一日目から2000円/184日まで

・手術 1,2,4、万いずれかの支払 

・住宅災害に全壊30万


保険料 月1000円 

年間では、還付金として一部が戻ってくるので、1万円位になります。



スポンサー広告


告知事項と加入条件

V1000の加入条件は、以下2点の告知事項に該当しない場合になります。

・現在が入院中

・現在、医師から、今後1年以内の入院、手術を進められている。


これに該当しなければ、

・持病があっても

・過去の手術歴・既往歴があっても

・通院中で毎日の服薬があっても

加入することができます。


この生協の補償は、
もう旦那は一回受け取っています。

この保険に加入したときは、寛解期でしたが、

このあと、仕事のストレスで一気に悪化し、

保険加入から半年後に、2週間の入院になりました。

生協からは、問題なく、補償を出してもらうことが出来ました。

注意。特約は付けることが出来ない。

このv1,000コースは、
オプションの特約の補償をつけることが出来ません。


助け合いv1000コースは、生協の保険で一番安い保険で、
付帯サービス、特約を付けることはできないってことです。



スポンサー広告


保険の入り方【まずは組合員になる】

生協の保険は、生協の組合員が加入できます。

ですので、生協の組合員でない方は、
まず、生協の組合員になる必要があります。

生協の組合員になるには


生協の組合員の条件です。

・同一世帯に1人でも組合員がいれば、その家族として加入できるので、
新規で当事者が加入する必要はありません。

生協の店舗、生協のホームページで組合員になるための申込書を取り寄せます。

組合員掛け金を初回限り支払ます。

(これは、生協の組合から抜けるときに返金されます。また、金額は1000円~自由ですが、1000円で大丈夫です。)


組合員は地域に属します

生協の組合員は、地域の生協の組合に所属する流れになります。

ですので、生協の組合員になったら、

お住まいの地域の担当者に、生協の保険に加入したい旨を伝えます。

そして、生協の保険に加入するための書類を記載し、契約が整います。

生協の保険は、他にもいろいろ

旦那は、潰瘍性大腸炎で通院していたので、他の生協の保険には加入できず、v1000コースの加入になりましたが、

私は学生のときから、v3000コースに加入しています。

私は3年前に循環器の手術をしましたが、
それでも5万円ほど生協の保険から払い込まれました。

あとは
個人賠償保険もおすすめです。
また記事書きます。

おわりに。

潰瘍性大腸炎と診断されてからの入る保険は限られてきますが、

ちゃんと潰瘍性大腸炎も入れる保険はあるので、ぜひ検討してみてください。

私の旦那は潰瘍性大腸炎になる前に入っていた保険が無いので、

潰瘍性大腸炎と診断されてから、他に加入した保険は2つあります。


・メットライフ 新終身医療保険 フレキシイ
www.fullhoikutoninkatu.com



・アフラック 新・生きるためのガン保険 DAYs

www.fullhoikutoninkatu.com



入院すると、入れなくなる保険もあるので、
潰瘍性大腸炎と診断されてから、保険を探すのならば、
早めに動くことが大切かな。と思います。

www.fullhoikutoninkatu.com



~スポンサー広告~


当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。