毎月の基礎体温表と治療歴
精液検査結果8回分
精子を改善するリコピンのトマト製品含有量を比較
保険適用の温経湯で排卵障害が治った私の基礎体温表

WHO精子基準の自然妊娠ラインは確率ではなく、実際に妊娠している人から算出したデータであること。

WHO精子基準は、自然妊娠の最低ラインは運動率40%、精子濃度1500万ですよ。というデータですが、これは、自然妊娠する可能性が低い人のデータではないです。実際に妊娠した人から算出しているデータなので、【確率】として計算する方法ではもともとの実験がなかったんです。

WHO精子基準の自然妊娠ラインは確率ではなく、実際に妊娠している人から算出したデータであること。

WHO精子基準を精子検査したことがある人だったら、誰でも見たことがあると思います。

一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ - 不妊症Q&A:Q7.不妊症の検査はどこで、どんなことをするのですか?
このページに載っています。

そして、そのデータでは、
自然妊娠の最低基準は、
精子濃度1500万
精子運動率40%

などと書いていますが、決して、そのラインにいる人が自然妊娠の確率がものすごく低いというデータでは無かったんです。


スポンサー広告


そもそもWHO精子基準のデータを決める実験の方法

そもそもWHO精子基準のデータはどのように決まったのでしょうか。

たとえば、
精子濃度1500万
精子運動率40%の人を100人集めて、
1年間で妊娠するかをチェックして、妊娠した人が5%でした。

ならば、そのデータで、その基準値の人の自然妊娠率は5%と言えます。

が、実際には、精子数値は、5倍くらいなら簡単に推移します。
精液検査結果を8回分まとめたら濃度も運動率も改善!タイミング法~人工授精~体外受精・顕微授精の記録 - にんfull ブログ
(私の旦那の精液検査結果のまとめ)


そして、実際のWHO基準の実験方法も違う手法でした。

WHO基準は、
「1年間にパートナーが自然妊娠した男性の精子検査結果」で作られていて、その基準は、その男性の中で成績が低かったほうの成績です。

なので、実際に妊娠した人が被験者になってるので、その妊娠率は100%。
普通の人よりも、精子は少ないので、その基準値にいる男性は少ないですが、実際に妊娠した人のデータなので、それで妊娠率を語ることは不可能なのです。

WHO精子基準は妊娠する確率のデータではないから、充分に自然妊娠の可能性があること

WHOの精子基準は、確率として算出されたものでないので、基準値の数値でも充分に妊娠の可能性があります。

実際に私がそれについてツイートした内容がこれです。
ツイッターで、なぜか、WHO基準値の人は、自然妊娠率が5%とかいうガセネタが流れたので、私が、その方がパーセンタイルをパーセントの意味にとらえていることに気付いて、訂正していました。

WHO基準値は、確率を求めるためのものでは無かった。ということが今回の記事の内容でした。★


無断引用・転載厳禁 copyright©2018-2019 にんfull