不妊治療にはじめて行くときはいつ?ブログ。30歳のとき1人で受診

不妊治療にはじめて受診したときの記事です。

私は、29歳から妊活をして、妊活をはじめてから半年で、専門クリニックに受診しました。

妊活を始めたと同時に基礎体温を測るも低く、排卵検査薬が反応しなかった。

私も旦那も比較的若いから、すぐに授かるのでは??

と、考えていましたが、

基礎体温の体温はいつも低く、排卵検査薬もなかなか陽性にならず、
タイミングをとろうにも、そもそも、いつが排卵日か分からなかったことに、困り果てました。

www.fullhoikutoninkatu.com

まずは婦人科のある産婦人科を受診するも、異常なしで帰宅。

さすがに、排卵検査薬が反応しないのは、少々危険では??と感じて、

地元で評判の産婦人科は人工授精までの不妊治療はできるので、受診。

が、異常なし。

「若いから、すぐに授かりますよ。」

の一言で帰らせれました。

www.fullhoikutoninkatu.com

不妊治療の専門病院に行くべきか悩みつつ、体外授精とかをするつもりがなかったので、戸惑う。

婦人科から見放され、けど、妊娠はできず、そもそも排卵してるかも分からない。

そんなときに、不妊治療専門病院を受診したほうが良いのかな?

という思いが出てきましたが、

不妊治療の専門病院は、

・痛いイメージ

・体外受精とか、高い奴だけのイメージ

・40歳から行くイメージ

年齢的に、30歳で受診するのは若すぎるのでは?と思った

とくにこの、40歳から行くイメージが、私の場合は本当に先入観で強くて、

なかなか、30歳に突入したばかりの私は、受診をためらいました。

あとあと知ったことは、不妊治療の専門病院でも20代からがんばっている人は多くて、

そもそも、卵子の質は35歳以降、一気に低下するので

さっさと行ったほうが良かった。

ということでしたが。

たまたま他県に行く機会があったときに、不妊治療専門クリニックの大きなビルを発見。

妊活を始めて、半年ほどたったころ。

たまたま、他県に電車でいったとき、

電車の窓から、「不妊治療専門クリニック」と書かれた、でかいビルが見えました。

その瞬間、

私が、結構がんばってるのに、全然妊娠できないことに、すごくストレスを感じていたことを自覚して、

f:id:uuuta1122:20190203144646j:plain

婦人科で、適当な扱いを受けたことも自覚し・・・・

その用事の帰りに、

私はそのクリニックの下調べもせずに、車窓から見えた場所だけを頼りに受診しました。


・・・まあ、結局は、1か月待ち。

と言われて、受診は後日になったのですが。



思いつめすぎるまでに受診したほうが良い

初診の記事については、後日まとめますが、

この受診で、私は、

・婦人科の検査に検査漏れがあって、私のホルモン治療が必要だったこと。

・旦那の精液検査の結果も悪く、双方の理由で、かなり妊娠できない理由を作り出していたこと。

このまま、自己流妊活をしても、妊娠率はほぼ0%だったこと。

を知ることになります。


・・・ええ、。

めっちゃくちゃ、無駄な時間です。

私は幸い、

不妊治療を始めてから、半年のスピードで専門クリニックを受診することができましたが、

それでも

無駄に過ごした半年、

婦人科でされた誤診

すごく後悔しました。

不妊治療専門クリニックは、すぐ高い体外受精ではなかった。

不妊治療専門クリニックにいったら、すぐい体外受精になって、

すぐに30万くらい払うのでは??

という勝手な妄想がありましたが、

不妊治療専門クリニックでも、タイミング法など、保険適応の治療もしていて、

全部が全部、高い治療ばかりではないことも、知りました。


そして、

妊娠するためには、さまざまなハードルがあって、

受診したら、まず、その検査をすることも知りました。


次回の記事からは、このあたりをまとめて行こうと思います。