にんふるほいくふる

保育士による保育士試験対策を中心に、色んなこと書いてます

着床前診断を推進します≪受精卵(胚)を正常か検査してから、体内に戻す着床前診断が一部の方にしか認められていないことを問題点も取り上げて考えます。≫

不妊治療の体外授精、顕微授精において、採卵で採取し培養した受精卵(胚)が、正常かどうかを検査し、流産の可能性が低いものを体内に戻すことが出来るようにするのが着床前診断です。

 

しかし、着床前診断は一部の方にしか認められていません。

今回の記事ではこの説明と、着床前診断の適用拡大を目指す患者会について説明します。

 

f:id:uuuta1122:20180930212714p:plain

 

着床前診断を簡単に説明

着床前診断を、不妊治療をしていない方にも知っていただきたい。と考え、前にとても簡単に着床前診断について書いた記事はこちらです。

 

 

www.fullhoikutoninkatu.com

 

 

かなり簡単な文章の記事なので、不妊治療当事者の方には、物足りない部分が多いと思います。ご了承ください。

 

≪スポンサー広告≫

 

着床前診断がもっと多くの方に受けられるように活動している患者会

着床前診断は、不妊治療をしている方でも知らない方が多いです。

しかしながら、体外授精、顕微授精でなかなか授からない方や、

持病などで流産のときの身体的リスクが大きいと考えられる方には、着床前診断は知るべき情報です。

 

現在、着床前診断を受けることができるのは、2回流産した方などですが、

2回流産することの身体的・精神的リスクは大きく、着床前診断を受けることが出来る対象者は、より拡大すべきではないか?と思います。

こちらの患者会では、着床前診断がより多くの方が着床前診断を受けることの出来る対象者となるように、活動していらっしゃいます。

 

着床前診断を推進する患者の会

流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する患者の会

無料で入会できますが、入会しなくても、着床前診断の詳しい説明を読むことができます。

 

今回は着床前診断について、もっと掘り下げて書いていきます。

今回の記事では、前回の記事よりも具体的に着床前診断を説明します。

 

加藤レディースクリニックさんのホームページを参考にしています。

加藤レディスクリニック:不妊治療/体外受精 着床前診断

 

まず、着床前診断には、PGDと呼ばれているものと、PGSと呼ばれているものがあります。 

 

着床前診断を推進する患者の会さんではPGDの着床前診断を推進しています。

 

 

PGD(遺伝診断)と、PGS(遺伝スクリーニング)の違い

セントマザー産婦人科医院さんのページを参考にしています。

着床前診断 PGDとPGS | セントマザー産婦人科医院

 

PGDは受精卵(胚)の染色体検査(全部の染色体でなく染色体のうち一部)をして、良いものだけを体内に戻すための検査 → 流産率低下 ≪限定的に日本で認められているもの≫

PGDは、凍結胚の段階で、受精卵の染色体検査を行うことで、流産する可能性のある胚を分けることが出来るので、流産率を下げることができる検査です。

 

流産は心身に負担がかかり、また不妊治療の時間が少ない方にはその問題もあることから、

着床前診断が体外授精、顕微授精のときに当たり前のように選択することが出来るようになるのは、不妊治療の女性の負担を減らすことができます。

 

しかしながら、日本産婦人科学会により、PGDを受けることが出来る患者は厳しく制限されています。

 

・流産経験が2回以上あること

・夫婦どちらかの染色体異常が認められること 等

 

この流産2回の時点で、どれだけの負担がかかっているかは計り知れません。

 

さらに、

このPGDを受けるためには、この上で、日本産婦人科学会の承認を受ける必要があります。

 

そこで、着床前診断を推進する患者の会では、PGDがもっと早い段階で選択することが出来るようになることを願い活動しています。

 

 

PGSは受精卵(胚)の染色体異常がないかを調べる検査だけど、こっちは全ての染色体を調べる検査 → 倫理的に日本非承認

海外では承認されている国もあるPGSですが、こちらは日本では正式には認められていません。

また、正確さについてもやや劣るようです。

 

こちらについては、ダウン症などの障がいを持って生まれる可能性が分かることがあるそうで、倫理的な問題があります。

 

着床前診断の問題点

ごくごくまれに、正常な胚を異常と診断されることがあります。

 

また、受精卵(胚)は"命のはじまり"であるため、倫理的問題もあります。

 

着床前診断の費用

1例として、セントマザー産婦人科医院のホームページの料金ページへのリンクを貼ります。

治療費用 | セントマザー産婦人科医院

 

着床前診断を推進する患者の会が行っていること

患者の会では、PGDの対象を拡大すること、PGDをより多くの方に知って頂くことを目的とされています。

 

PGDにより、流産の可能性がかなり高い受精卵を先に分かるようにすることは、流産による患者の心身の負担の軽減に繋がるからです。

 

もちろん、着床前診断の結果で一喜一憂することはあります。

しかし、流産の辛さはこれに勝ります。

 

 

700人の会員を有する着床前診断を推進する患者の会では、

着床前診断の推進は、医師が声を挙げるよりも、民意の声が上がったほうが効果があるので、患者の会に賛同して頂ける方を募り、声を上げています。

 

医師会に声を挙げることに効果があるのは、我々、民意だからです。

 

 

推進しているのは産み分けとか、ダウン症の見込みに使うものではありません。

 

PGSのところでも述べましたが、患者の会が推進しているのは、あくまでも流産率低下を目的としたPGDによる着床前診断の適用拡大です。

 

ダウン症の判断に使われる可能性があったり、流産率低下の効果がPGDより認められていないPGSについては推進していません。

 

 

≪スポンサー広告≫

 

無料で賛同できる患者の会への賛同方法

 

ここからは患者の会への入会方法について触れていきます。

 

患者の会の幹事さんは、Twitterでも活躍されており、とても話しやすい方なので、安心してご入会頂ければと思います。

 

入会方法について。永久無料で、変な勧誘などは一切ありません。

①患者の会にアクセスしてください。

 

流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する患者の会

 

②【入会する】をクリック

 

③以下のページで必要項目を入力してください。

入力した情報は一切公開されません。


f:id:uuuta1122:20180930212231j:image

 

④この画面に切り替わることで入会完了です。


f:id:uuuta1122:20180930212237j:image

 

⑤入会すると、患者会の掲示板が利用できます。

 

着床前診断について具体的に話せる掲示板はなかなか無いので、心強い存在だと思います。

 

 

以上。

着床前診断と、

着床前診断を推進する患者の会について説明させて頂きました。

 

不妊治療の医療保険適応署名への御協力もよろしくお願い致します。

不妊治療の医療保険適応署名について賛同しています。

日本の現状を見ると、助成金拡大、所得制限撤廃、回数制限の拡大のほうが効果的では?と考えるところもありますが、まずは広く認知して頂くことを目標にしています。

www.maryism.net

www.fullhoikutoninkatu.com

www.fullhoikutoninkatu.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトの文章・画像は、にんふるほいくふる管理者うたが著作権を放棄しておりません。
無断引用・転載は厳禁です。賠償慣例に則り対応致します。
詳しくは当サイトについてのページをご覧ください。