上室性期外収縮と心室性期外収縮の違いと自覚症状

10歳から不整脈がある私ですが、今回、期外収縮が多発していて、

上室性期外収縮か、心室性期外収縮かが自分の自覚症状でも分からなかったので、受診しました。

この結果についてです。

f:id:uuuta1122:20190202153157j:plain

期外収縮が多発してて、自覚症状が強い。

2か月くらい前から、期外収縮が多発していることに気付きました。

普段は、1日に10回程度にも関わらず、1時間で10回以上ある感じです。

私は、もともと、10歳から上室性頻拍をもっていましたが、

26歳のときにカテーテルアブレーションにて、完治。

それ以来は、期外収縮も減っていたので、また増えてきたなあ。と思いました。

(現在、31歳。)

上室性期外収縮と、心室性期外収縮はどっちが危険?この違いは?

私がいままで受診した主治医の意見では、

上室性の期外収縮よりも、心室性の期外収縮のほうが、どちらかと言うと危険。

とのことでした。

しかし、単発であれば問題なく、連発しているかどうかがポイントだそうです。

確かに、上室性は比較的安心とはいえ、私は以前は、

上室性が連発していたので。



上室性頻拍は期外収縮がトリガーになっていた。

私は、カテーテルアブレーションで治ったとはいえ、1か所、切れなかったところがあるので、

また、不思議な症状がでれば、受診して、検査する必要があります。


というのも、上室性頻拍は、期外収縮がトリガーになっていたので、

あまりに多くなってくると、それはそれで、ややこしいんですよね。。

自覚症状が強いタイプなので、不快感が強いですし。

上室性期外収縮の自覚症状なのか、心室性期外収縮なのか、分からない。

期外収縮の自覚症状は、いつもまちまちでした。

・のどがひくっとなる感じ
これは、まだマシな自覚症状です。


・トン トン トン   ドドドン トン トン

明らかに期外収縮ですけど、この自覚症状もまだ我慢できる。


・トン トン  どん!!!  トン

これが辛かった。
心臓がのどから飛び出すんですか?!ってくらいに、強い鼓動です。


ということで、あまりに自覚症状に幅があったので、

これは、私は、上室性の期外収縮も、心室性の期外収縮も起きているんじゃないか??

と思って、

かつ、自覚症状がないのもあって、数が多すぎる場合も懸念して、

さっさと、検査を受けることにしました。

期外収縮の違いを診断するための検査は、ホルタ―心電図。

期外収縮の検査で、手っ取り早いのは、ホルタ―心電図で、

24時間の自分の心電図を全部、とってしまうことです。

www.fullhoikutoninkatu.com

夏場にすると、汗をかくので、少々しんどいですが、

これをすれば、寝ているときの期外収縮や、明け方の期外収縮でも、

ばっちり記録してくれるので、受診したら、これをすると確実。

ホルタ―心電図の結果、私は上室性期外収縮のみ。ということが分かった。

ホルタ―心電図の結果は、

期外収縮は、一日100回程度で、自覚症状がしんどいだけで、

たいして多い数字ではなかったことが分かりました。

かつ、期外収縮のなかでも、安全とされる、

上室性の期外収縮ばかりだったようなので、とても、安心しました。

薬のような治療はなく、経過観察になった。

不整脈の薬、私は上室性頻拍で処方されたんですが、

結構、きつい薬が多いんですよね。


実際に、私は、上室性頻拍の薬を処方されたときに、先生から、

「こういうのを飲む前に、さっさとカテーテルアブレーションをしたほうが良い。」

と勧められて、結局、処方された薬は飲まずに終わったので。


で、期外収縮についても、基本的には、薬はでないそうで、

(まあ、これだけすくないと、出されても安定剤なので、飲まないですし。)

これからも、大丈夫な不整脈で良かった。

と思って、安心して過ごそうと思っています。