にんfull 31歳で不妊治療をやめたブログ

半年の自己流妊活で基礎体温ガタガタ。通院開始で無排卵と高温期のホルモン不足が発覚!、なんと半分の周期で排卵すらできてなかった!。それは薬と注射で治ったものの、精子濃度2000万、運動率40%の男性不妊まで発覚し現在は体外授精にトライ中☆→初採卵初移植で卵子染色体異常疑い→そして神戸へ。医療に絶対はない。不妊治療はやめて、自己流妊活にステップダウン中 .*˚質の良い卵子と精子が出会うまでチャレンジあるのみ‼

高刺激より低刺激での採卵が良いと頼んだら、先生に反対された理由とOHSSのリスク。

【当サイトについて】
現在までの不妊治療歴や基礎体温表についてはこの記事にまとめています
現在までの治療歴まとめ記事
精液検査改善結果記録

保育士と潰瘍性大腸炎については、専用に他のブログを作りました。
保育士試験マンガブログ
潰瘍性大腸炎のマンガブログ

来周期の初採卵周期を控えて、先生に、高刺激よりも低刺激での採卵を希望していることを相談した。

が、やっぱり、先生には、高刺激での採卵が良いことを、理由つきで、しっかり説得された。

初採卵は高刺激よりも、低刺激での採卵が良い。と患者から先生に希望した。

採卵周期を来周期に控え、

かつ、今周期は避妊周期で、来周期の採卵は100%なので、

先生に、初めての採卵は、高刺激より、低刺激でお願いしたいことを、相談してみました。

私も、もともとは、31歳になったばかりで、婦人科の既往歴もないので

効率の良い不妊治療がしたいから、高刺激一択、っと思っていたんですけどね。

私が、低刺激や中刺激が良いという考えに変わった理由は、人工授精でのOHSSだった。

私だって、貯卵したいし、かつ、もともと無排卵月経だったことで、

自分が空胞が多い体質だったらどうしよう。

という不安もあって、

たくさん取れる期待ができる高刺激が良かった。

けど、先回、人工授精でまさかのOHSS

右10cm、左8cmという結構なサイズ。

かつ、卵巣出血を起こしていて、

造影CTの結果、卵管茎捻転も疑われて、即開腹手術になる可能性があるから、と、

大学病院で緊急入院をしていた。

大学病院に即搬送されて、幸い造影経験があったから良いけど、一気に造影剤までいれられ、

「とりあえず、お腹あけよか。」

と先生が話していたのを聞いていたトラウマが消えないのだ。

(結局、私は自然治癒したけど。)

www.fullhoikutoninkatu.com

こんな私だから、高刺激なんてしたら、

もう今回は絶対手術になって、下手したら卵巣が1個持ってかれる。

としか思えない。

スポンサー広告



採卵が怖いわけじゃない。OHSSも怖くない。手術が怖い。

そんな私は、もうOHSSで入院。

という人工授精では、かなりレアもんな経験をしてしまったので、

OHSSで入院することは怖くない。

採卵することも怖くない。

(お腹開けるよ。って言われた経験から。)

怖いのは、卵管茎捻転がおきて、手術になって、

卵巣を1個取らざるを得なくなる。

という先回の人工授精で想定されたパターンである。

かつ、この悩みは、別に全然変なものじゃなくて、怖がって当たり前だとも、自信を持って言える。

私は先生をかなり信頼していて、先生と意見が割れたこともないけど

今回ばかりは、意見が割れる覚悟でも、伝える必要がある。と思った。

先生には即、低刺激での採卵はしない。と反対された。

先生にこの考えをすべて伝えた上で、

主人にも、手術のリスクを減らすためならば、採卵の費用は複数払うことに同意してもらっていることを伝えた。が、

やっぱり、先生には、すぐに、反対された。


低刺激での採卵では、空胞が多いときに、すぐにまた採卵周期にはいる可能性があるからだ。

高刺激という概念はすべての人に共通しないこと。

先生が言うには、

【高刺激】という方法で、卵胞が満足に取れなかった場合、

それは、高刺激の誘発方法であっても、

その人にとっての高刺激ではないので、

つまりは誘発方法があっていない証拠であり、誘発方法を変更する必要があるらしい。

だから、まだ採卵すらしたことがない私は、高刺激。

高刺激。という存在もアテにならないそう。

OHSSのリスクがあっても、私にたくさん刺激することを勧める理由。

先生がいうには、

俗にいう低刺激

俗にいう高刺激

どちらにしても、卵巣は腫れて、OHSSのリスクはあるそう。

だからこそ、卵巣の経過はしっかり管理する。とのことだった。

かつ、先生からは、

・卵子が全部空胞だったときの覚悟はあるのか?

・胚盤胞が出来なかったときの覚悟はあるのか?

・何回も採卵する意思が本当にあるのか?

しっかり聞かれた。


それでも、私はなるべく安全なほうを取りたいことを伝えると、

先生からの答えは、

患者には、なるべく少ない採卵で、不妊治療を卒業してもらうことを、医師として望んでいる。

ということを説明された。

先生のことは信頼しているが、信頼のレベルで託せるものではない。

先生からは、信じて頑張ってほしい。

という気持ちがすごく伝わってきたけど、

もう、いままでのように、【信頼してるから、大丈夫。】なんて、こっちも思えない。


そりゃあ、先生のことは信頼しているし、

私が採卵するなら、先生以外に考えられないけど。


考えるべき代償が大きすぎる。

手術になって、卵巣が1個なくなったら、妊娠できるものが一気に、1/2になるのだ。



ツイッターで相談したら、

OHSSで入院経験のある人から、

OHSSでの入院も大変だけど、また採卵になるのはもっと大変だし、

採卵は、経過観察も、人工授精以上にもちろんしてくれる


と教えてくれた。


私も、先生の意見が正しく、

患者に、正しい医療を提供しようとしてくれている先生であることは、理解している。


先生が提案してくれるベストな方法に同意できない私は、異常なのではないか?

とも思う。

だた、私にとっては、かんがえるべき代償が大きすぎて、不安は尽きない。

www.fullhoikutoninkatu.com






スポンサー広告

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 にんfull にんかつやってみた