にんfull 保育士の不妊治療ブログ

不妊治療漫画もスタート。私の排卵障害だけが不妊理由だから、すぐ薬で妊娠するだろう☆ と思ったら、男性不妊まで指摘されて、いざ体外受精の世界へ・・・!!

無排卵月経は自然に治るの?治療なしだった。不妊治療のマンガブログ

【当サイトの説明】
不妊治療を中心の雑記ブログになっています。
不妊治療は、妻の無排卵月経、高温期のホルモン不足
夫の乏精子症 2019.3~ 体外授精 夫婦ともに31歳
保育士と潰瘍性大腸炎については、専用に他のブログを作りました。
保育士試験マンガブログ
潰瘍性大腸炎のマンガブログ

基礎体温がずっと低温期だったので、無排卵月経を疑い、産婦人科を受診した話を今回のブログ記事にまとめました。

※普段は文章中心の記事を書く私、うたが、
下手なマンガに手を出しつつ、いままでの不妊治療をまとめたものです。※いまも治療中

前回記事は→ 高温期が短いから受診しました。
www.fullhoikutoninkatu.com

今回は、この前回記事から2か月くらいたって、無排卵月経で受診したときの話です。

f:id:uuuta1122:20190120142120j:plain

無排卵月経の基礎体温表はずっと低温期な特徴がある。排卵検査薬も陰性。

無排卵月経の特徴である、基礎体温を測っても、ずっと低温期であること。

f:id:uuuta1122:20190121153311j:plain

まさにそんな基礎体温になってしまいました。
(しかも私の場合は、半年で3回はこんな感じ)

f:id:uuuta1122:20190120142122j:plain

排卵検査薬については、ほぼ毎日、無排卵月経のときも海外製の排卵検査薬で測っていて、

そのときの記録はこの記事にまとめています。

(無排卵月経の月はおりものが減るので、それも含めて)

www.fullhoikutoninkatu.com

前回、基礎体温がガタガタでも問題ない。と言われた産婦人科にまた受診。

前回記事で、基礎体温がガタガタで受診すると、異常なし。と言われた産婦人科には、

次回受診は必要がない。と言われていましたが、

無排卵月経はさすがに気になったので、旦那のすすめもあり、再度、受診しました。

スポンサー広告



無排卵月経でも治療してくれない。どういう経過をたどるのかも教えてくれない。早く妊娠したいのに。

産婦人科にある婦人科を受診して言われたことは、

パッと基礎体温表を見て、

大丈夫です。そのうち来ます。若いですし。
だけでした。

f:id:uuuta1122:20190120142124j:plain

私は早く妊娠したくて受診したんですが、先生は異常がないから大丈夫の一点張りで、次回受診も必要ないそう。

無排卵月経は自然に治るの?

無排卵月経は自然に治るのか先生に聞いてみたところ、

無排卵月経は、年に何回か、異常がおきてもなるので、

異常はないし、若いから自然にすぐ授かるそう。

この「若いから」って先生によく言われることは、私にとってはすごくストレスでした。

夫婦ともに若いのに妊娠しないから、受診しているのに。

思い切って、精子検査をお願いしてみた。

なにか検査はしたほうが良いな。

と思いつつ、私はホルモン検査が正常だったので、
(このあと、転院先で異常発覚します。)

旦那の精液検査をお願いしました。

この精液検査については、次回の記事で扱います。

かつ、無排卵月経はまたまた起きて、私はちょっとずつ、治療してくれない先生への不信感でいっぱいになっていきます。


無排卵月経には、3種類ある。卵胞が育たない、排卵しない、排卵せずに黄体ホルモンは上がる

これは、私がこの産婦人科の受診を辞めて、不妊治療専門クリニックに転院してから知ったことです。

無排卵月経には、3種類あります。

①そもそも卵胞が育たないもの

②卵胞が育っても排卵しないので、ずっと低温期なもの

③卵胞が育っても排卵しないのに、卵胞も黄体化することで基礎体温が上がること。

①卵胞が育たないことの説明

低温期に(実際にはその前から)卵胞が育つことによって、

適切に大きくなったものが、排卵期に排卵されますが、

そもそも卵胞が育たないパターンです。

これは、ずっと低温期だったり、低温期の期間がとても長いパターンがあります。

卵胞が育たないので、いつまでたっても、排卵しません。

投薬治療や、注射での治療があります。

スポンサー広告



②卵胞が育っても、排卵しなくてずっと低温期なもの

卵胞は育つのですが、排卵ができないタイプです。

もちろん、ずっと低温期のままになります。

そして、私がまさにこのタイプ。

卵胞は育つのに、排卵されない。

このタイプは、病院で、卵胞チェックやホルモンチェックを随時行って、やっとわかります。

③排卵されずに黄体化して高温期になるタイプ 一番厄介。

排卵されずに、卵胞が黄体ホルモン化して、高温期を作り出す。

LUFと言われるタイプです。

LUFは黄体化非破裂卵胞 といって、黄体ホルモンは出るので、

基礎体温は高温期を示します。


なので、自覚症状がこのなかでは、一番少ないのです。

私は、②のタイプだったので、基礎体温さえ測れば、自分の無排卵月経になんとなく気付けましたが、

このタイプは自分で気づくのは至難の業。

私が一番厄介。と書いたのは、ここが理由です。

なかなか妊娠しないときには、目に見えない理由もある場合があるので、本当に受診が必要なんですね。

www.fullhoikutoninkatu.com



スポンサー広告

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 にんfull 保育士の不妊治療ブログ