毎月の基礎体温表と治療歴
精液検査結果8回分
精子を改善するリコピンのトマト製品含有量を比較
保険適用の温経湯で排卵障害が治った私の基礎体温表

難病指定されている持病があるけど里親登録は出来ることを児童相談所で聞きました。

特別養子縁組前提の養子縁組里親か、養育里親になることを希望しているけど、旦那が潰瘍性大腸炎という難病指定されている持病があるので、里親登録できるのか、すごく不安で、児童相談所に相談しました。

で、結論からいうと、難病を持っていても、持病があっても、里親登録にはまったく問題ないそうです。

難病指定されている持病があるけど里親登録は出来ることを児童相談所でききました。

里親になりたいので、里親研修をうけたり、里親登録に必要なことをこれからしていくんですが、

そもそも、旦那は潰瘍性大腸炎という難病なので、経済状況だけでなく、健康調査もされるとパンフレットに書いてあった里親登録を私たちがすることができるのか。とても不安でした。

というわけで、早く質問したほうが良いなあ。と思い、児童相談所の初回夫婦面談のときに、このことを質問しました。

www.fullhoikutoninkatu.com


「潰瘍性大腸炎という難病を持っているけど、里親登録はできますか?」と質問したところ、

笑顔でさらりと、
「まったく問題なく、里親登録ができます。」と答えてもらえました。

スポンサー広告



里親の審査での健康調査は、余命いくばくもない。とかが対象らしい。

潰瘍性大腸炎の難病でも里親登録できる。と言われたのでとても安心して、私は、

「里親のパンフレットに、里親になる人には健康調査を行う。と書かれていたので、とても不安だったんです。」

と児童相談所の職員さんに話したところ、

「里親になりたい方で、健康面を理由に断られる可能性があるのは、余命がいくばくもないことを診断されていたりする方なので、現実的にはありません。」
とにこやかに教えてもらえました。

里親は社会で子どもを守る制度なので、現実的に子どもを養育することができるのか。を確認するために調査しているそうです。

なので、
「里親になりたい方は、40代以降の方が多いので、健康診断に引っかかっていたり、持病がある方は沢山いますが、それは里親になることに問題ないです。」

と説明してもらえました。
確かに、わたしたち夫婦は現在、夫婦ともに31歳ですが、持病があっても普通に仕事できたりしていたら、里親として、児童を養育することはできるんだもんなあ。と思います。

ともかく、里親になるための健康調査の意味がそういうもので、安心しました。

養育里親は60代とかの方もいるので聞く必要があるそう。

児童相談所の方が言うには、養育里親に絞って話したら、養育里親になりたい方は60代の方も多いから、

里親になりながら病気にかかる人もいて、それもあることだけど、そのときにも対応するようにしているし、健康状態を質問する必要がある。

とのことでした。


とりあえず、持病をもっていて病気もちでも、里親登録が問題なくできる。とのことなので、とても安心したし、まず質問しておいてよかった。と思います。


無断引用・転載厳禁 copyright©2018-2019 にんfull