にんfull 31歳で不妊治療をやめたブログ

半年の自己流妊活で基礎体温ガタガタ。通院開始で無排卵と高温期のホルモン不足が発覚!、なんと半分の周期で排卵すらできてなかった!。それは薬と注射で治ったものの、精子濃度2000万、運動率40%の男性不妊まで発覚し現在は体外授精にトライ中☆→初採卵初移植で卵子染色体異常疑い→そして神戸へ。医療に絶対はない。不妊治療はやめて、自己流妊活にステップダウン中 .*˚質の良い卵子と精子が出会うまでチャレンジあるのみ‼

30代前半。本当に私が神戸ARTを受診してよいのか、悩む。主治医はどうして私の染色体異常が分かったのか。

【当サイトについて】
現在までの不妊治療歴や基礎体温表についてはこの記事にまとめています
現在までの治療歴まとめ記事
精液検査改善結果記録

保育士と潰瘍性大腸炎については、専用に他のブログを作りました。
保育士試験マンガブログ
潰瘍性大腸炎のマンガブログ

初採卵初移植の判定日は陰性。それどころか受精卵の染色体異常の可能性を指摘されて、先生から凍結分割胚の移植の話は聞けませんでした。

そして、私は染色体異常の専門の先生の話が聞きたくて、神戸ARTの初診予約はとったものの、受診して良いのか、についてはまだ、悩んでいます。

私は神戸ARTを受診して良いんだろうか。

私はフライングしていますが、着床歴もありません。だから、流産歴もありません。

神戸ARTの着床前診断は、なんども何度も流産した方が、藁にもすがりたい思いで、必死になって通院するところであるイメージがありました。


けど、今回、1度も流産をしたことがない私が、着床前診断も選択肢に入れることができる神戸ARTを受診することを決めた。

これは、私が染色体異常の受精卵と言われながら、その受精卵を移植することが怖いからです。(実際、先生からも移植の話をされなかった。)

www.fullhoikutoninkatu.com

けど、こんなにも不妊治療歴が浅くて、まだ一度も流産をしていない私が神戸を受診して良いのか。すごく悩んで、悩んで、泣けてくるんです。

(もちろん、流産以上の苦しみはない。。とも思います。私も流産が怖いから、先生から染色体異常を指摘されたいま、移植が怖いんです。)

スポンサー広告



主治医はどうして、私の染色体異常を指摘できたのか。

主治医から、初採卵初移植の陰性判定日に染色体異常を告げられてから、染色体異常への恐怖もですが、それ以上に疑問に思うことがありました。

主治医はどうして、初採卵初移植の一連の流れで、受精卵の卵子起因の染色体異常を指摘できたのか。ということです。

たしかに、今回の初採卵。成功とはいいがたいものでした。

体外の2個は、分割胚移植と、分割胚の凍結が出来たものの、
顕微授精の2つは、早期分割停止の結果です。

www.fullhoikutoninkatu.com


けど、それでも、初採卵で分割停止する人や、初採卵で受精卵が凍結を前に分割してしまう人は、私の年齢でも、少なくはないんです。

そして、その人たちの中でも、次の採卵のときは、一般的な量の凍結が出来た人もいるんです。

主治医は、どうして、私の染色体異常を指摘することができたのか。疑問です。

多核だったのかな。とは思いますが、受精卵の写真がないので、分かりません。

私のなかに、あと、正常な受精卵が作れる可能性はどれほどあるのか。

私の年齢の31歳ならば、胚盤胞の場合、染色体が異常な胚盤胞の割合は、30パーセント前後です。

(私は今回、胚盤胞での凍結がないので、ちゃんとした比較ではないですが。)

そんな中で、どうして主治医は、31歳の私に染色体異常を指摘することができたのか。知りたい。

もう一度、元のクリニックを受診しよう。

私は、主治医が私に染色体異常と言えた根拠が知りたい。

そして、私のなかに、まだ正常な受精卵が作れる可能性があるのか。知りたい。

その上で、着床前診断をうけるかどうかを、神戸に転院して、カウンセリングや診察を受けた上で決めたいと思います。

スポンサー広告



旦那の精子濃度が体外授精並みに少なかったから、いままで流産しなかったものの、いままで流産していた可能性もある。ということなのか。

ひとつ、私が思うことは、私は、先生の見立てによれば、染色体異常の卵子が多く、染色体異常の受精卵を作りやすい。ということになります。

旦那は、体外授精が必要になる程度の精子検査結果です。

いままで私は、タイミング法や、人工授精で、一度の着床経験もありません。


もしかして、旦那の精子検査結果が、もし非常に良好だったら、私はタイミング法や、人工授精のときに、流産していた可能性があるのではないか。と思っています。

もう一度、元のクリニックを受診してから、神戸に行こうと思う。

私は、先生が染色体異常と言えた理由と、私に正常な受精卵をどれほど作る卵子があるのか。を先生に聞くために、もう一度、元のクリニックを受診することにしました。

染色体異常の理由だけ聞いて、金銭的理由で治療をストップ。と言おうと思う。

もう一度、先生のところを受診するのに、旦那が付いてきてくれることになりました。

旦那には、2つ、約束することを言われました。

①医者は憶測でものを話せないから、染色体異常と言えた理由を言えない場合がある。染色体異常の可能性をここまで早く見ぬいただけでも感謝しなきゃいけない。 話してもらえないときは、納得すること。

②先生に、今後の移植の提案を受けたときは(前回保留だったので提案は無いと思う。)、金銭的理由で、しばらく通院を中断します。と伝えて、転院は言わないこと



先生がどうして、私に染色体異常を伝えることができたのか。
私には、何が必要なのか。

先生に転院することは言えませんが、聞きたい情報を聞いてこようと思います。






スポンサー広告


当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 にんfull にんかつやってみた