楽天がスマホのキャリア会社に参入するのはいつから?2019年10月からだが地方は遅い。

楽天は楽天モバイルはドコモの回線を借りて格安スマホ会社として機能していますが、楽天が楽天として独自の電波回線を得て、キャリア会社の4社目として参入することが分かりました。

かつ、楽天がキャリア会社として参入するのは、2019年10月からですが、最初は都市部からのスタートで、地方ではいつごろの参入になるかはまだ未定のことろがあります。

f:id:uuuta1122:20190425091753j:plain

楽天がスマホのキャリア会社に参入するのはいつから?2019年10月からだが地方は遅い。

楽天がスマホのキャリア会社に参入するのは、今年、2019年の10月からである。と発表されています。

が、最初は都市部からのスタートであり、地方の日程は未定となっています。

このあたりは、20年ほど前に、ドコモ回線の対応地域と、auの対応地域があったように、携帯会社はすぐにすべての地域に回線が届く。というわけではないので、当たり前といったら当たり前です。

なので、地方の方は焦って楽天に切り替える必要もないし、楽天モバイルのほうがまだ良いかもしれません。

※楽天と楽天モバイルの違いについては、後述します。

スポンサー広告



携帯キャリア会社とは?独自の電波回線を持っている会社

携帯のキャリア会社とはなにか?というと、独自の電波回線を持っている会社になります。

なので、日本でいえば、
・ドコモ
・au
・ソフトバンク

が現状ですが、ここに、2019年10月ごろから楽天が参入する。ということが言われているわけです。

キャリア会社と格安スマホの会社の違いは?

格安スマホの会社は、キャリア会社から電波をかりることで、顧客に電波を提供しています。

なので、格安スマホの特徴に
・契約の際にドコモ回線か、au回線か等がきかれる
・通信速度が遅い

ことが挙げられているんですね。

かつ、格安スマホ会社は携帯の使用料金が安いという特徴があるので、忘れそうになりますが、

格安スマホの会社は、そのキャリア会社に電波回線の使用料を支払った上で経営しています。

そして、楽天モバイルにとっての電波をかりている会社はドコモなんですね。

楽天モバイルと、キャリア会社としての楽天の違いは?

現在の格安スマホの楽天モバイルと、キャリア会社としての楽天の違いについて書いていきます。

楽天モバイルの特徴
・ドコモから回線を借りている
・ドコモ回線が届くところが使用範囲
・通信速度が遅くなる時間もあるが、至って問題はない

キャリア会社としての楽天の特徴
・自社回線を保有
・最初は都市部からのスタートになるので使用範囲は固定
・通信速度は楽天モバイルより早い予想

なので、都市部の方はキャリア会社に参入した楽天のほうが良いだろうし、地方の方は楽天の電波回線が普及するまで少々待ったほうが良い。ということになります。

スポンサー広告



楽天のメリットとデメリット

端的に言えば、キャリア回線に参入してすぐの楽天で契約するのは、地方に住んでいる方にとっては少々リスキーな面もあるだろうと思います。

私は、来月から楽天モバイルにするためにいま移行作業中ですが、
www.fullhoikutoninkatu.com

楽天なので、すぐに地方にも電波を届けてくれるだろうとは思いますが、まだ未定なので、いま、楽天モバイルでなく、楽天を考えるのは、次期が早いというか、デメリットになりかねません。

楽天はキャリア会社になっても、他のキャリア会社に比べて、相当に使用料金を下げてくると思うので、メリットも大きいんですが。