楽天モバイルの楽天が10月から携帯キャリア会社に参入するから使用料金が安くなる理由

楽天モバイルは格安スマホの会社ですが、楽天は独自で携帯電話の電波回線を取得して携帯キャリア会社として参入することが発表されました。かつ、その時期は2019年10月であると発表されていますが、都市部からです。

今回の記事では、楽天が携帯キャリア会社に参入することで携帯電話の使用料金が安くなる理由についてを書いていきます。

f:id:uuuta1122:20190425092023j:plain

楽天モバイルの楽天が10月から携帯キャリア会社に参入するから使用料金が安くなる理由

楽天モバイルはドコモから電波回線を借りている格安スマホ会社ですが、楽天が2019年10月から独自に携帯の電波回線を取得して、キャリア会社として参入することになりました。

キャリア会社になることで、auやドコモ、ソフトバンクと同等の立場になれるんですが、これによって、楽天は高くなるんじゃなくて、他のキャリア会社よりも安くなります。

その理由は、いままでの楽天モバイルのときは、ドコモに電波回線の使用料金を払っていたんですが、その利用料を支払う必要がなくなるのが楽天だからです。

スポンサー広告



2019年10月から全国で楽天のキャリアを使用できるわけではないこと。都市部だけ。

2019年の10月に楽天は独自電波を機能させてキャリア会社として参入するんですが、いきなり全国で楽天の電波がつながる。というわけではないそうです。

その理由は、楽天は2019年10月の新規参入段階では、都市部を中心に。となっていて、地方での楽天電波回線の使用はいつからか分からないからです。

実際に、20年ほど前には、地方で、auの電波が届く地域と、ドコモの電波が届く地域という電波範囲で、携帯キャリア会社を選択しているような時代でした。

なので、楽天は早期に電波環境を整えるとは思いますが、しばらくの間は地方は未定と考えても良いと思います。

キャリア会社になるのに月額使用料金が安くなる理由

キャリア会社というのは、自社の携帯電話の回線を持っている。ということで、ここに楽天が参入するのが、2019年の10月~です。

キャリア会社になることで、ドコモからの電波回線の使用料金を支払う必要がなくなるので、その分の使用料金は安くなります。

しかしながら、それだけでは、電波の設備料でそれほど安くすることは難しいです。

しかし、大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクと違い、楽天の場合は、顧客サービスに付随する店舗での人件費や、広報費を比較的下げることができるので、他社のキャリア会社よりも使用料金を下げることは容易です。

もちろん、楽天の楽天カードは多くの人が持っているクレジットカードで、そのポイントで月額使用料も支払うことができるので、ポイントをとってもお得に使えるとか、そういう楽天ならではのメリットも大きいですよね。

実際に、私が楽天モバイルに移行しているのも、それが理由です。

楽天スマホの通信速度も速くなる可能性は高い

楽天がキャリア会社として独自に通信回線を持つことで、楽天の通信速度も速くなる可能性は高いです。

もちろん、2019年10月の導入したばかりのときは、安定しなかったりすることも増えるかもしれませんが、

楽天モバイル等の格安スマホの会社は、キャリア会社から電波をかりている状態なので、昼等の込み合う時間帯は、通信速度が遅くなるなどの制約があります。

しかしながら、楽天は自分で回線を持つことによって、自分たちがその回線をすべて使用することが可能になるので、通信速度は他社の格安スマホ会社に比べて、各段に速くなる可能性があるんです。

ドコモから楽天に乗り換えたので、私がした方法を書きました。

www.fullhoikutoninkatu.com


無断引用・転載厳禁 copyright©2018-2019 にんfull