採卵周期D9 里親や養子という選択肢をいつ取るか

【当サイトについて】
現在までの不妊治療歴や基礎体温表についてはこの記事にまとめています
現在までの治療歴まとめ記事
精液検査改善結果記録

保育士と潰瘍性大腸炎については、専用に他のブログを作りました。
保育士試験マンガブログ
潰瘍性大腸炎のマンガブログ

初採卵周期のD9です。私と旦那は、不妊治療で子どもの望みが薄れれば、里親や養子として親になることを当たり前のように考えています。

が、その選択をとるのはいつなのか。と言われれば、私と旦那でおおきな違いがあります。

不妊治療の終わりと里親や養子という選択

私も旦那も、世の中にいる【親になってくれる人の加護が必要な児童】に対する愛情は、注げる。という考え方です。

なので、私と旦那は、不妊治療のおわりが見えたときには、当たり前のように、里親か養子をもらう。

という選択肢があります。


が、里親や養子をもらうことを考える時期が、お互いに全然、ちがいます。

スポンサー広告



私は不妊治療は途中で休んででも40歳まではしたい。

私はいま31歳です。

いま、授からなくても、受精卵さえしっかり凍結できれば、未来に戻せるのではないか?


だから、もし、いま授かることが難しくても、

凍結だけして、一旦しっかりと働いて、また37歳くらいになってから本格的な治療に戻れば良いのではないか。
という考えです。

そして、私はその、一旦働く期間。に、里親になろうと考えています。

不妊治療を一旦やめて、

里親になりながら、自分も働いて、

時期を見計らい、里親をやめると同時に不妊治療を再開すると考えています。

旦那の考え。特別養子縁組の考えを早期に持ってもいい。

旦那の考えは、不妊治療をやって、結果が出なければ、2回の移植失敗などの比較的早い段階でも、やめて、

特別養子縁組や、養子縁組に動いても良い。という考えです。

家庭に恵まれない子どもたちに、私と旦那ならば、血がつながっていないことをあまり気にせず、

血がつながっていない。ということ以上に、愛情を注げると思っているからだ。と言います。

いま考えても、答えは出ない。

特別養子縁組をするにも、お金がかかります。

で、不妊治療にもお金がかかります。

なので、この問題は、同時に考えないと両方の選択が取れなくなってしまうので、

早い段階から、両方の選択を、特別養子縁組もあり。と思っている私たちは、考える必要があります。

が、いまは、採卵をがんばって、まずは移植してみることが大切なので、この段階での答えはでません。

こどもが出来なくても、仲良く一緒に生きていける。

まだ、養子縁組や、特別養子縁組、里親という選択肢に答えは出ていませんが、

こんな風に、不妊治療をしている段階の早期のうちから、

不妊治療で結果が出なかったことについて、ちょっとずつ話すことは、

不妊治療で結果が出せなくても、私たち夫婦は、夫婦としてずっと仲良く生活できることに、自信が付くこともできるので、

私は、まだ答えは出せないとはいえ、このような会話をすることに意味はある。と思います。

今日もHMG注射150単位を打って総額3万500円

中刺激採卵の誘発スケジュールはいまのところ

D3~ D7 クロミッド 1日2錠
D8~ D10 HMG注射 150単位 となっています。

で、昨日のD8までの総額が25500円だったので

今日も通院で保険適応外のHMG注射150単位を5500円で打って、総額は3万500円になりました。


スポンサー広告

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 にんfull にんかつやってみた