アトリエマエダで裾上げに加算料金が付くのは、3センチ程度のとき。

アトリエマエダさんに、ズボンの裾上げを一気に5本依頼したので、方法を書きました。

裾上げのときに、可算料金が付くときがあるらしく、今回はその内容について、まとめています。

アトリエマエダに裾上げを注文する方法

アトリエマエダにズボンの裾上げを依頼する方法や計測方法は、この記事にまとめました。

www.fullhoikutoninkatu.com

送料は、全額こっち持ちだったり、

つもりがないのに、代引きを選択しないように、注文票を書くときは注意しましょう。

裾上げの【詰めるのに、ほどく作業が必要】って何??

迷子札を書いているときに、

ズボンの裾上げは360円なんですが、

下に、【詰めるときに、ほどく作業が必要】200円

の項目がありました。

f:id:uuuta1122:20190207125511j:plain

200円を入れても、560円なので、充分に安いですが、これはなんだ???と。

とりあえず、アトリエマエダさんに、電話して聞いてみました。

裾上げの長さが短かったら、元の縫い目をほどかなきゃいけない時がある。

電話で聞いてみたところ、

裾上げの長さが3センチとか、2センチとか、

短かったときは、もともとの縫い目をほどく作業が必要になるときがあるそうです。

けどこれは、実際にズボンを見てからじゃないといけないから、

ズボンを発送して、ズボンを確認してもらって、

その時点で必要である。

ということが分かったら、私たち、依頼者側に電話で確認した上で、

可算料金でほどいてくれるそうです。

200円やから、安いとはいえ、可算料金として、電話してくれるので、

依頼者側も、すごく、安心ですよね。

スポンサー広告



実際に、裾上げの長さが3センチになった

私は、ズボンを一気に5着注文して、1着だけ、3センチの裾上げ幅がありました。

(ほかは、9センチとか。)
f:id:uuuta1122:20190207125235j:plain

なので、これは可算料金の対象になるだろうな。と思っているので、

また、加算料金が付いたら、この記事で報告しようと思います。

結局加算料金は付かなかった。

料金の電話がかかってきて、結局、裾上げの幅が、今回、3センチのものもありましたが、加算料金はかかりませんでした。

というか、送り返してもらう料金もコミコミで、5本で2620円って安すぎです。

www.fullhoikutoninkatu.com


注文してから、1週間程度で裾上げが完了して送ってもらえたのですが、その裾上げが3センチのものも、とても丁寧にしてもらえました。


無断引用・転載厳禁 copyright©2018-2019 にんfull