毎月の基礎体温表と治療歴
精液検査結果8回分
精子を改善するリコピンのトマト製品含有量を比較
保険適用の温経湯で排卵障害が治った私の基礎体温表

不妊治療クリニックの初診と費用マンガ 検査項目は血液検査で。

今回の記事の内容は、不妊治療クリニックの初診でした検査や、検査項目、受診費用についてです。

f:id:uuuta1122:20190211144152j:plain

不妊治療クリニックの初診問診票の内容。妊娠歴はある?不妊期間は?

不妊治療クリニックは、予約して、約1か月後の受診になりました。

(もっと初診待ちをするクリニックも多い。)

f:id:uuuta1122:20190211144207j:plain

初診の問診票の項目は、

・不妊期間
・妊娠・中絶歴

・結婚当時の年齢
・既往歴

・気になっていること
・どのくらいまで治療したいか。(体外受精は考えているかなど。)

私の場合は、妊娠歴もなし、結婚年齢はお互いが28歳のときでしたが、

お互いの持病のために、1年の避妊期間があったので、受診したときは、もうすぐ30歳。というときでした。

不妊期間は、9月から避妊をやめて、4月に受診したので、半年程度。

早い?かもしれませんが、案外平均的だと思っています。
www.fullhoikutoninkatu.com

基礎体温表は必要?あれば3ヶ月分を提出。

基礎体温表は、私の場合、ガタガタで高温期がない、無排卵月経とかも自覚していたので、もちろん持参しました。

むしろ、私の気分としては、基礎体温表を見てもらうことが目的って感じです。

けど、のちに先生に言われて知るのですが、不妊の理由は卵管とか、いろんな場所にあって、

基礎体温表で、妊娠しにくいな。ってわかるのは、15%程度らしいです。

それ以外の人は、基礎体温表は大丈夫で、ほかに不妊理由がある。

つまり、受診しないと、自覚すらできない。ということです。

スポンサー広告



初診の検査項目と費用 お金を1万円は持っていこう。

初診の日にちは生理周期のいつでも良い。と言われていて、

私は偶然D16でした。自分でする排卵検査薬によると、まだ排卵もしていません。

f:id:uuuta1122:20190211144237j:plain

初診の検査は、血液検査による

・ホルモン検査

・クラミジア等の性病検査

・抗精子抗体検査

クラミジア歴等があると、妊娠しにくいことがあるそうです

初診の費用は、
保険内(3割負担)が、7320円
保険適用外(10割負担)が、4800円

合わせて、12120円でした。

高い・・・。10日分の食費を持って行かれた。泣

ちなみに、保険適用外の費用は、性病検査にかかっていました。

不妊治療の進め方。基礎体温以外の理由もいっぱいある。卵管造影検査が必要。

血液検査の結果は、1週間後。とのことで、初診では、先生に、不妊治療の進め方についての説明を受けました。

先生は、淡々と話す方でしたが、私が不妊治療の知識が全然無さそうなことを察知すると、

つどつど、説明をいれてくれて、ここなら安心して通院できそう。

というイメージを抱きました。

f:id:uuuta1122:20190211144240j:plain

先生に、私は基礎体温がガタガタなので、それを治療してほしい。と伝えると、

ホルモン検査の結果がでないと治療はできないので、基礎体温の治療は次回から、

かつ、基礎体温でわかる不妊理由は15%程度で、

卵管因子や、排卵因子など、ほかの不妊理由も持っている可能性もあるから、

ここから、2か月程度かけて、検査を行う。と言われました。

もちろん、痛いことで有名な卵管造影検査も対象です。

旦那にも受診してもらって、精液検査を受けるように、主治医に言われた。

私は、不妊理由はすべて私にある。というイメージでいましたが、

先生によると、不妊の原因の約半数は男性にあって、

かつ、男性にも女性にも原因がある場合は、20~30%もあるそう。

f:id:uuuta1122:20190211144242j:plain

なので、はやくから、夫婦2人とも検査を行う必要があるらしく、

次回の受診では、精液検査をするので、旦那も受診すること。

との説明を受けました。

夫婦ともに不妊理由があるのが、20~30%なんて、そんな高いのは全然イメージしていなかったので、かなりびっくりしましたが、

私たち夫婦は、このあと無事(?)夫婦双方に不妊の原因があることが分かります。

www.fullhoikutoninkatu.com


無断引用・転載厳禁 copyright©2018-2019 にんfull