不妊治療のやめどき。私は31歳で体外授精をやめました。

不妊治療の辞め時って、私は助成金の回数を使い切るまで体外授精をやったときなんだろうなあ。と、まだ31歳やし思っていたんですが、初採卵と初移植周期が陰性だったときに、私の不妊治療は自分から終了する選択をとりました。

決断することはすごくつらかったし、ストレスのあまり自律神経失調症にもなったけど、まあ、だからこそ、無理してる時間を早々に終了させたのは私にとっては正解だったんだろう。って思います。

不妊治療のやめどき。私は31歳で体外授精をやめた

妊娠できなかった場合の不妊治療の辞め時って、私の自分の終着点は

・閉経に近づいた
・300万(現在の貯蓄)使い切った
・6回の助成金を使い切った

のどれかになるだろう。と思っていました。が、私は、31歳になりたてのときの、たった1回の採卵と移植で、不妊治療をやめることにしました。

ちょっと前の私なら、こんな選択をいましているなんて、信じられないと思います。

スポンサー広告



私が不妊治療をやめた理由。

私の初採卵、初移植の流れはこちらですが、
www.fullhoikutoninkatu.com

スプリットでおこなった胚培養が顕微が全滅になり、先生から染色体異常の疑いを聞かされました。

それについては、後日受診すると、再度、別の方法で採卵や誘発をおこなって、総合的に判断する。とのことでしたが、

胚盤胞になりにくく、人工授精でOHSS入院経験があり誘発のリスクが大きい私は、体外授精をこのまま続けるメリットはなにもない。と思いました。


また、不妊治療をやめることは、旦那がもっと前から考えていたことらしく、私も決めることは辛かったですが、旦那の考えを尊重することにしました。

www.fullhoikutoninkatu.com

移植には助成金を使う予定がなかったから実質まだまだ治療を続けるお金はあったが、気力が持たない

私たちは、世帯年収が450万で、決してお金があるほうではないですが、特にお金を使うような趣味がないので、助成金は採卵のときにだけ使うことを、体外授精にすすむ前から決めていました。

なので、当面の間は、不妊治療を妊娠していないのに辞める。なんて、頭のどこにも考えがなかったんですが、

私は、気力が限界になっていて、不妊治療を辞める選択をとることにしました。

一度も妊娠検査薬の陽性を見ることなく不妊治療をやめるのは負け犬だろうとは思う

私は、不妊治療を始める前に半年自己流タイミングをしていましたが、そもそも無排卵なので意味がなく、

不妊治療を初めて、3回のタイミング法、6回の人工授精、1回の移植、どこでも妊娠検査薬の陽性はみることができませんでした。

もちろん、妊娠検査薬の陽性がゴールではないことは知っていますが、私にとっては一つのステップだったので、これを見ずに辞めるのは、かなり悔しかったです。

出産より大切なこと

ただ、私は不妊治療をやめたと同時に、出産するよりも大切なことを知りました。

私は、一度、友人の家族が新生児にDVをしていて、助けを求められたことがあり、しばらく祖父母に育ててもらえるように児童相談所を介入させたことがあります。

その手続の間、旦那は私に、私なら血が繋がらない子どもでも育てられるから、血のつながりにこだわる必要は無い。と感じたそうです。

それでも、私だってできれば、私たち夫婦の血が繋がった子どもが欲しいから、まだ、養子縁組を選択できる気持ちはありませんが。

けど、出産よりも大切なことは、この世界には沢山、沢山あるんです。

がむしゃらに不妊治療ができるお金と養育費

私は、まだ1回しか採卵していないから、妊娠できる可能性はしっかり残っています。

ですが、
・胚盤胞になりにくい
・OHSSになりやすいから誘発方法も注意

という状態が揃っているので、私の不妊治療はとてもコスパが悪いです。

なので、このまま、妊娠することをゴールに据えていたら、子どもが生まれたときに充分な環境を整えてあげられる財力がないのではないか。ととても不安です。

また、不妊治療の薬の副作用が私は多すぎて、身体が持ちません。

結果がでなくても、不妊治療をやめることの次の世界。

結果が出ないときに不妊治療を辞めることは、とても勇気が必要です。

私も、不妊治療をやめて、ホルモン注射も打たなくて良いし、サイコーじゃん。とか思っていたんですが、身体は正直なようで、自律神経失調症になっていました。(合う漢方が見つかったけど。)

なので、自信を持って、不妊治療を辞めることは大変です。って私は言えてしまいます。 なんの慰めにもなっていないので申し訳ないですが。

ただ、不妊治療をやめると、新しいものが見えるようになるかもしれないです。

不妊治療をしていて、身体が薬漬けだった私たちの身体は、きっと、目の前の自然が癒してくれます。

きっと、外に出て、緑の中でゆっくり深呼吸をすれば、沢山の治療に傷ついた体は癒されます。

そうした毎日を、1週間、2週間と送ればきっと、あなたを囲む家族の優しさ。あなたは一人の女性としてとっても綺麗なことに気づくでしょう。